CZ805 ブレン


951 
全長 670(915)mm 重量 3.58kg 口径 5.56mm×45 6.8mm×43 SPC 7.62mm×39 装弾数 20/30/100
チェコ共和国のチェスカー・ゾブロヨフカ社が開発した次世代突撃銃。同国軍の制式銃であるVz58の後継となるべく、2005年に開発がスタートし、2008年に「CZ S805」の名称でプロトタイプが公開された。2009年に生産モデルが完成し、2010年に同国軍に制式採用され、輸出モデルと共に生産がスタートしている。

 CZ社は本銃以前に、「ラダ(Lada)」というAKベースのライフルを、Vz58の後継として1980年代後半に開発していた。しかし当時は国内の情勢が軍制式銃の交替を許さず、CZ社は海外市場にラダの販路を求めた。
 ラダはこの輸出モデルの名称である「CZ 2000」が知られているが、CZ社内では軍の後継制式銃プロジェクトの名称である「805」の名称でも呼ばれていた。この名称は2000年代半ばに公開されたラダの最終モデルに使われ、「CZ 805」としてインド軍に売り込まれた。ピカティニーレールやアンビセレクターなど近代的な仕様を盛り込んだ銃ではあったが、結局売込みには失敗し、インド軍はこのラダ系CZ 805を購入していない。
 CZ社はこのラダ系CZ 805と区別する意味もあって、新規設計の本銃を「CZ S805」の名称を与えて公開した。その後ラダ系CZ 805は実質「無かったこと」にされ、本銃に改めて「CZ 805」の名称が与えられ、現在に至っている。

 モジュラーウェポンをコンセプトとしており、ハンドガードと一体のアッパーレシーバーはアルミ合金製、トリガーユニットを含むロワーレシーバーはポリマー製など、構成的にFN社のSCARに似ている。しかし、SCARと違い、強力な7.62mmNATO弾への対応を選択しなかったため、各ユニットの交換で同一プラットフォームで複数の口径に対応することが可能となっている。またG3ファミリーのように、ボタンと共にパドル式のマガジンリリースも備えており、自国のVz58やAKシリーズのような旧来的なライフルに近い感覚でも操作出来るようになっている。
 バリエーションはフルサイズの「ブレン A1」と短銃身の「ブレン A2」の2種が存在するが、銃身の交換で長銃身のマークスマンモデルやヘビーバレルのスクワッド・オートマチックモデルなども予定されている。また、セレクティブファイアの軍用モデルと、セミオートオンリーの民間モデルが用意されている。
CZ 805 “ブレン” / CZ 805 "BREN" 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.チェスカー・ゾブロヨフカ国有会社
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




チェスカー・ゾブロヨフカ国有会社

40
 
 Ceska zbrojovka a.s. 

チェスカー・ゾブロヨフカ(ズブロヨフカとも)とはチェコ語で「チェコ造兵廠」を意味し、社会主義時代のチェコスロバキア共和国で小火器を含む工業生産に関わっていた国営企業群、または前述のチェスカー・ゾブロヨフカ傘下のメーカーのうち、チェコ共和国独立後に株式会社化された「チェスカー・ゾブロヨフカ・ウヘルスキー・ブロト(以下CZUB)」を指す名称。

本項では、この二者のそれぞれについて解説する。こちらの「チェスカー・ゾブロヨフカ(以下CZ)」とはそもそも単一の企業の名称ではなく、チェコスロバキア共和国の共産主義思想の影響を受けて兵器開発・生産を行っていた複数の企業の総称である。  分かりやすく例えるなら、「CZ」とはチェコスロバキアが所有する国営企業の兵器すべてに与えられるブランドと考えるといいだろう。
チェスカー・ゾブロヨフカ MEDIAGUN DATABASE  

特徴

モジュラーウェポンをコンセプトとしており、ハンドガードと一体のアッパーレシーバーはアルミ合金製。
 トリガーユニットを含むロアレシーバーはポリマー製など、構成・デザイン的にFN社のSCARを意識している。

 作動方式はガス圧作動式、閉鎖機構はロータリーボルト式。
CZ-805 - wiki 


画像

948
949
950
952


動画

 CZ 805 BREN A1-A2


 At the Range with the CZ 805 BREN A2 Carbine
  

 CZ 805 Bren A1 and A2
  


関連
ガスガン GHK G5 ブローバック TAN

ガスガン GHK G5 ブローバック TAN
価格:40,608円(税込、送料別)