九六式軽機関銃


九六式軽機関銃(きゅうろくしきけいきかんじゅう)は、1930年代前中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の軽機関銃。

支那事変に実戦投入された九六式軽機は、その後ノモンハン事件・太平洋戦争(大東亜戦争)を通して活躍した。帝国陸軍のみならず海軍陸戦隊でも使用され(海軍では九六式軽機銃として制式)、また満州国軍など同盟国軍にも供与されている。
粉塵対策を行った本銃は十一年式軽機に比べ信頼性が高くなり、第一線部隊では非常に好評であった。生産においては当時の日本は基礎工業力が低く、加工精度も諸外国に比べて劣っていたため最終調整は熟練工に頼った。そのためか射撃時においてはガタ付が少なく命中精度は非常に高かった反面、弱装薬実包故のガス圧不足による遊底後退量不足による排莢不良や、諸外国に比べて薬莢が僅かに薄いことにより膨張した薬莢が薬室内に貼り付き千切れること(薬莢裂断)による排莢不良、更にそこへ次弾を装填してしまういわゆる突込みといった故障を度々起こした。
日中戦争において中華民国がドイツやチェコなどから輸入装備していたZB26を鹵獲し調査したところ、微妙に薬室のテーパー値を変化させていることが分かり、のちの生産分の九六式軽機では薬莢の貼り付き問題が幾分解消された。またこの結果、三八式普通実包の使用が可能となり減装弾の使用は解消された。 その後、長年の懸案であった高威力の7.7mm弾薬を主力実包とすることとなり、九六式軽機に7.7mm弾を使用出来るように改良した九九式軽機関銃が開発され、1940年(昭和15年)に制式採用されても引き続き九六式軽機は生産が継続され、1943年(昭和18年)に打ち切られるまでの6年間で約41,000挺が生産された。
947
九六式軽機関銃 wikipedia
目次
1.新中央工業
2.三八年式実包
3.特徴
4.動画
5.関連
6.関連商品




新中央工業
新中央工業(しんちゅうおうこうぎょう)は、日本にかつて存在した会社。
戦前に南部麒次郎が経営した中央工業が戦後に改組された企業。中央工業時代からの業務を引き継ぎ、警察・自衛隊・海上保安庁など官公庁むけの銃器や防衛関連製品の製造をおこなっていた。
製品は警察に正式採用されている拳銃であるニューナンブM60が有名。銃規制が厳しいため治安が良く、銃器全般に対するイメージのよくない日本の国柄もあり、世間一般にはそれほど有名な企業ではなかった。
1975年にミネベアに吸収合併されて以降は同社の一部門、「ミネベア大森工場」となった。ニューナンブ生産完了後も、大森工場では、ミネベア本来の機械部品に加えロケットランチャーや爆弾投下装置など航空機や潜水艦などに装備する防衛関連用の装備品などの生産をおこなっていたが2013年末をもって閉鎖され、生産は群馬県安中市の松井田工場に移った。
新中央工業 wikipedia

三八年式実包


618
三八式実包(さんはちしきじっぽう)とは、大日本帝国陸軍によって開発された6.5mm小銃弾である。三八式歩兵銃などの火器で使用された。三十年式実包を尖頭銃弾に改良したものであり、三十年式実包とは完全に互換性があった。

本実包は1906年(明治39年)より陸軍技術審査部において研究を行ない、1907年(明治40年)9月に制定、1913年(大正2年)2月に改正された。最大の特徴は、日本初の尖頭銃弾(「四〇式銃弾」と呼称)という点である。以前採用していた三十年式歩兵銃の円頭銃弾と比較して、骨部に命中した際、貫通力が優れるため、大きな骨創を与えることができた。ただし、肉部への損傷は比較的小さく、不殺銃弾ともよばれる。また、三十年式実包よりも弾丸重量を減らし、装薬を増量することで、より初速を高めていた。開発にあたり、三八式実包はドイツで1903年に採用されたS弾の影響を受けている。
三八年式実包 wikipedia 

特徴

九六式軽機関銃は、皇紀2596年(1936年)に、日本陸軍で採用された南部 麒次郎の設計による軽機関銃である。ZB26に外見が類似しているが、構造的には別物で、南部 麒次郎が設計に関与した多くの機関銃と同じく、フランスのホチキス式の影響が強い。

 光学照準器の採用からも窺えるように命中精度が重視されており、南方では狙撃に用いられた例も確認されている。また、銃身内にクロームメッキがなされ、銃身の耐久性が高い。
 プレス加工を用いているため安価でありながら、銃身の交換が容易で部品の互換性も高く、オイルレスでも問題なく作動する成功作である。

 他の旧軍小火器と同様に着剣装置が存在し、銃剣を装備する事が出来る。これは、突撃馬鹿の旧軍の象徴と揶揄される事が多いが、近年の実射レポートで、着剣状態で連射を行うと、連射時に銃口の跳ね上がりが抑えられ、所謂カウンターウエイト的な役割を行う事が判明した。しかし、実際にこの効果を想定して設計されたかどうかは定かではない。
 また、マガジンには残弾数を確認する為のカウンターがついている。実戦では見る暇は無かったものと思われがちであるが、日本陸軍では機関銃を遠距離精密射撃を行う分隊支援火器として運用していた事から、むしろ残弾数確認を重視していたと考えられる。

 皇紀2599年には、更に改良を加えた九九式軽機関銃が登場。九六式が三八式歩兵銃とは異なる6.5mm×50SR弱装弾を使用していたのに対し、こちらは九九式小銃と弾薬の共用が可能になっている。
中央工業 九六式軽機関銃 【軽機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 


動画

 ガンシューティングインアリゾナ 九六式軽機関銃射撃ご案内
  

 実弾射撃 旧日本軍 九六式軽機関銃 をフルオートで撃つ! マック堺のレビュー動画
  


関連
K.T.W 九六式軽機関銃

K.T.W 九六式軽機関銃
価格:365,040円(税込、送料別)