フランキ LF57


919 
全長 425(685)mm 重量 3650g 口径 9mm×19 装弾数 30
イタリアのルイジ・フランキ社開発の短機関銃。1956年にまず試作モデルLF56が開発、翌年に耐久性を改善した量産モデルLF57が完成した。
 プレス加工で製造されたレシーバーは携帯に便利なように薄く造られている。作動は当時主流のストレートブローバック、オープンボルト式だが、L型ボルトを採用することで全長も短縮しており、コントロールも良好。シンプルながらも、1950年代としてはかなり斬新な設計だった。
 イタリア陸軍は採用を見送ったものの、海軍の制式として数千挺が採用。海外にも輸出され、アメリカ向けにはロングバレル、セミオートオンリーのスポーターモデルも輸出された。
 大成功とはいかなかったが、それでもアフリカ諸国などに1980年代後半まで輸出されていたようで、なかなか息の長いモデルとなった。またその先進的な設計は、ドイツのワルサー MPLなどに影響を与えたと言われている。
フランキ LF57 / Luigi Franchi LF57 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.フランキ社
2.9x19mmパラベラム弾
3.画像
4.動画
5.関連




フランキ社

122
 
 
フランキ (Franchi S.p.A. ) は、イタリアの銃器製造企業。
1868年設立。本社はガルドーネ・ヴァル・トロンピア。2007年現在はベレッタグループの傘下にある。
かつてヨーロッパ各国警察などに配備されていたフランキ・スパス12を製造していた(2000年に製造中止)。 
日本で入手できるフランキブランドの製品には、散弾銃や空気銃などがある。
フランキ wikipedia 

9x19mmパラベラム弾

736

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたDeutsche Waffen und Munitionsfabriken(DWM、ドイツ武器弾薬工業)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。
9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。
現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。
9x19mmパラベラム弾 wikipedia 

画像

920
921


動画

 Franchi Lf 57 calibro 9 mm
  

 Franchi Lf 57 calibro 9 parabellum
  


関連