ステアー MPi69


913 
全長 465(670)mm 重量 3.13 kg 口径 9x19mm 装弾数 25/32
MPi69は1960年代始めに、オーストリアのステアー社が開発した短機関銃で、1969年にオーストリアの国境警備隊と警察に制式採用されている。
 作動はストレートブローバックでウージーイングラムなどと同様のオープンボルト機構を有する。全体の構成もウージーを踏襲しているが、これは当時、オーストリアの国境警備隊や警察が、ウージーを採用していたことにもよるらしい。
 MPi69のレシーバーはプレススチール製だが、最大の特徴は、フォアエンドからグリップまでが一体成型のプラスチックパーツで製作されていること。後のステアー AUGTMPなどのポリマーフレーム銃のはしりとも言えるが、樹脂材料の多用は、当時としてはかなり画期的。ショルダーストックもワイヤーを折り曲げたシンプルな物となっており、ウージーと比べるとかなりの軽量化に成功している。
 また、コッキングレバーに肩掛けスリングの一端を結ぶ独特の仕様となっており、とっさの際にスリングを引っ張るだけでコッキング・発射可能となる。
 ただ、スリングをうっかり引っ張って不用意にコッキングしたり、発射不能になる例もあり、改良型のMPi81ではコッキングレバーは通常のタイプに戻された。他に、MPi81は旧モデルより連射サイクルが速められている。
ステアー MPi69 / Steyr MPi69 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE
目次
1.ステアー
2.9x19mmパラベラム弾
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




ステアー

103
 https://www.steyr-mannlicher.com/
ステアーことシュタイヤー・マンリヒャー(Steyr Mannlicher GmbH & KG)はオーストリア(オーストリー)の銃器メーカーである。

ヨーゼフ・ヴェアンドルが1864年に設立した銃器工場を元として、後の1926年にシュタイヤー=ヴェアク(Steyr-Werke AG)、1934年にシュタイヤー=ダイムラー=プフ社(Steyr-Daimler-Puch AG)となるグループの武器開発生産部門で、グロック社と並ぶオーストリアの代表的銃器メーカーである。 1889年に創立者のヨーゼフ・ヴェアンドル亡き後、会社はフェルディナンド・リッター率いるシステム=マンリヒャー社により合併され、シュタイヤー・マンリヒャー社が誕生する。

1977年に同社の主力製品となるブルパップ・アサルトライフル「AUG」が完成し、同年オーストリア軍に「STG77」の名称で制式採用された。AUGはその性能の高さからオーストリアだけではなくオーストラリアやニュージーランドでも使用されることになった。

また競技銃の分野でも優れた製品を生産し、特にエアピストルでは内外で高い評価を得ている。 シュタイヤー社は現在、拳銃から軍用ライフルまでを製造する総合銃器産業として世界規模で商業展開を行なっている。
ステアー wikipedia

9x19mmパラベラム弾

736

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたDeutsche Waffen und Munitionsfabriken(DWM、ドイツ武器弾薬工業)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。
9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。
現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。
9x19mmパラベラム弾 wikipedia 

画像

912
911
914
915


動画

 Joon Steyr MPi 69 full auto
  

 Ballistic Ops (Texas) Steyr MPi 81 Submachine Gun
  

 Steyr Sub
  


関連
B&T MP9 ガスブローバック 4544416120908

B&T MP9 ガスブローバック 4544416120908
価格:26,049円(税込、送料別)