PPS43


869
PPS(ピーピーエス、露: Пистолет-пулемёт Судаев、ラテン文字転写: Pistolet-Pulemet Shdareva、「スダエフ短機関銃」の意)とは1942年にソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で開発された短機関銃である。
1942年に採用された初期型であるPPS-42と、1943年に採用された改良型であるPPS-43の2種類がある。

PPS-43は、1943年にソ連軍が採用したPPS-42の改良型である。基本構造はPPS-42と同様だが、以下の点が変更されている。
銃身を30mm、レシーバと折り畳み銃床もそれぞれ短縮化された結果、全長が87mm、銃床折り畳み時は18mm短くなった。その分、重量も300g減っている。
グリップは木製からプラスティック製となり、形状も変更。 弾倉受部と安全装置等の変更。
873
PPS短機関銃 wikipedia
目次
1.7.62x25mmトカレフ弾
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




7.62x25mmトカレフ弾

857

7.62x25mm トカレフ弾(ロシア語: 7,62×25 мм ТТ、ラテン文字表記の例: 7.62x25mm Tokarev)は、旧ソビエトとその周辺諸国で広く使用されていたボトルネック型の拳銃弾である。

トカレフ弾は拳銃弾としては珍しくボトルネック型にデザインされている。設計の参考にされたのはドイツの7.63x25mmマウザー弾で、寸法がほとんど同じため、銃によってはトカレフ弾とマウザー弾双方を発射することも可能である。
7.62x25mmトカレフ弾 wikipedia 


特徴

大祖国戦争最中、レニングラード包囲戦で補給を寸断されたソ連軍守備隊は慢性的な火器不足に喘いでいた。そこで、守備隊は包囲された市街地のど真ん中で、自前の火器を製造する事で、この窮地を凌ごうとした。これがPPS42(Pistolet-Pulemet Shdareva 1942:スダロフ短機関銃42年式)である。

 PPSは大型工作機械の無い戦地の工場でも製造可能なよう、プレス加工を多用する事で可能な限り構造が簡略化されており、ストックもPPSh41のような加工に手間のかかる木製ではなく、ドイツのMP40によく似た簡素な折り畳み式とした。
 作動はシンプルなオープンボルトのストレートブローバック。フルオートオンリーで、精度も機能も必要最低限に絞られたため、有効射程は精々200メートルであるが、その分非常に頑丈で、兵士たちには好評であったという。
 当時ソ連有数の工業都市であったレニングラードの町工場を総動員して生産され、守備隊に支給された。PPSの供給もあって、レニングラード守備隊はドイツ軍の進撃を止めると攻勢に転じ、ついには攻守逆転に至っている。

 1943年には、PPS42短機関銃は改良されPPS43として制式化されるも、ソビエト軍内ではすでにPPSh41が大量に配備されており、大規模な量産には至らなかった。それでも、一説には終戦までに50~100万丁以上が量産されたとされている。
USSR スダロフ PPS43 / CCCP 'Судаев' ППС43  【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 

第二次世界大戦中、ソ連ではPPSh-41を制式採用されていたが、兵士達から携帯性の不便さに不満を持っていた。それを改善すべく1943年にコンパクトさとプレス加工による生産性の向上を持つ短機関銃の開発が行われた。
そこで最初に開発されたのがPPS短機関銃こと、PPS-42であった。そして、さらに軽量化やコンパクトさを行って改良したのがPPS-43である。
PPS-43 ピクシブ百科事典 


画像

872
870
871


動画

 ППС - 43 (МПУ-1)
  

 ППС 43 під СХП
  


関連
【Toyscity】TC-68003 1/6 WW2 Red Army Scout Set 1…

【Toyscity】TC-68003 1/6 WW2 Red Army Scout Set 1…
価格:7,480円(税込、送料別)