OTs-02 キパリス


865 
全長 317mm/590mm 重量 1.57kg 口径 9mm×18 装弾数 10/20/30 +1
OTs-02(OC-02)は旧ソ連でTsKIB SOO(トゥーラ市スポーツ&狩猟用火器中央設計局)により、1972年に設計された短機関銃である。愛称のキパリス(Кипарис/英字表記:Kiparis)とはロシア語でイトスギのこと。

 主に国内治安維持組織、警察組織向けとしてTsKIBのN・M・アファナシェフ、V・K・パンフィロフ、D・M・プレシュコフらにより1970年代初期に設計された。だが開発当初は採用されず、1990年代初期になって初めてMVD(ロシア連邦内務省)やFTS(ロシア連邦関税局)、ロシア警察等に採用され、OMON(特殊任務民警支隊)やSOBR(緊急対応特殊支隊)を含む特殊部隊にも供給された。製造にあたったのはKBP開発局である。

 作動方式はクローズドボルトからのブローバックで、ボルトストップも備える。グリップがプラスチック製である以外は、本体はプレススチール等で構成された、設計当時としてはオーソドックスなもの。セイフティを兼ねたセレクターは左側に付いており、グリップハンドの親指でセミ/フルの切り替えが可能。折りたたみ式のストックは上部に畳まれる方式。アイアンサイトは、ドラムによって調節するスチェッキンに似たリアサイトを備える。
 アタッチメントに専用のサイレンサーが用意されており、6000発程度の発砲に耐える。
USSR OTs-02(OC-02) キパリス / СССР ОЦ-02 Кипарис 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.KBP
2.イトスギ
3.画像




KBP

836
http://www.kbptula.ru/en/



イトスギ


868

イトスギ(糸杉、学名:Cupressus)は、ヒノキ科イトスギ属の総称。サイプレス(英: Cypress)、セイヨウヒノキ(西洋檜)ともいう。世界中で公園樹や造園樹として重用される。
ヒノキ科の模式であり、ヒノキ科は英語では Cypress family(サイプレス科)と呼ばれる。

枝はあまり広がらずに幹が高く成長し、非常に細く高い独特の樹冠を形成する。
イトスギ wikipedia

画像

866
867