PM-84


857
PM-84 グラウベリット(ポーランド語: Pistolet maszynowy wzór. 1984 Glauberyt)とは、ポーランドのFabryka Broni ŁucznikがPM-63 RAKの後継として開発した短機関銃である。

PM-84は全体的な形状がUZIに類似しているほか、内部構造も銃のレシーバー内部にテレスコーピング・ボルトを配置する方式をとる他、連射方式の選択についても手動セイフティと一体化したセレクターレバーで選択する方式をとるなど、PM-63 RAKで採用されていた革新的な機構から、より堅実な機構への回帰が行われている。銃口付近で激しく動く部品が無くなったことに伴い、サプレッサーを装着することも可能となった。
ただし、最大長まで延伸したら少し下向きに調整可能な伸縮式銃床や、下方に展開して垂直フォアグリップとすることが可能な前部ハンドガードなど、PM-63 RAKに採用されていた要素も受け継いでいる。弾薬については初期のPM-84のみが9mmマカロフ弾を用い、後述のPM-84P以降の改良型は9mmパラベラム弾を用いる。 PM-84とその派生型は、ポーランドの軍隊と警察に制式採用されたほか、輸出も行われている。
858
PM-84 wikipedia
目次
1.ラドム
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連




ラドム

859
http://fabrykabroni.pl/


特徴

PM-84(波:Pistolet Maszynowy wz.1984 Glauberyt)はポーランド人民共和国のラドム造兵廠(現Fabryka Broni Łucznik)で1981年に開発された短機関銃。生産の始まった1984年よりPM-63の後継としてポーランド軍にて使用されている他、インドネシアやイラク、リトアニア、フィリピンなどでも使用されている。
 PM-84Pは9mm×19弾仕様のモデルで、民主化後の1993年より生産されている。PM-98は近代改装モデルで、PM-98Sは連射速度を分間770発に上昇させたもの。PM-06はPM-98に3ポジションのスライド式ストックと、ピカティニーレールを装備したモデル。BRS-99はPM-98の民間用セミオートオンリーモデルである。

 作動方式はストレートブローバックで、撃発はクローズドボルト。ボルトストップを標準で備える。部品の殆どはスチールプレス製で、PM-63より幾分安価に製造可能になっている。PM-63はスライドが特徴的だったが、PM-84ではアンビのチャージングハンドルを採用している。セレクターレバーは回転式で、上からZ(安全)、P(セミオート)、C(フルオート)の順で並んでいる。
 アイアンサイトはリア、フロント共にガード付きで、リアサイトはフリップアップ式で2段階調整が可能になっている。PM-84では折り畳み式のストックとフォアグリップが装備されていたが、PM-98以降はストックはスライド式となり、折畳式グリップはレーザーサイトやフラッシュライトを搭載できるハンドガードへと置き換えられた。また、マガジンキャッチもPM-84ではグリップ底部に備えられていたが、PM-98からは親指で操作可能なようトリガーガードの付け根に移設された。
ポーランド PM-84 "グラウベリット" / RP Pistolet Maszynowy wz.1984 Glauberyt【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

854
855
856


動画

 PM-84 Glauberyt
  

 PM 84 Glauberyt - gun disassembly
  


関連