PP-90M1


843 
全長 424(620)mm 重量 1,7kg 口径 9mm×19 装弾数 32/64
PP-90M1は、ロシアのKBP設計局で、軍・法執行機関ないしセキュリティ機関向けに開発された短機関銃である。

 作動はシンプルブローバックで、ボディはフォアエンドからレシーバー、グリップ、トリガーガードまで一体整形としたポリマー製である。ストックはプレススチール製で、本体上方に折り畳むことができる。左側面にセレクターを有し、セミ/フルの切り替えが可能だ。
 外観上の特徴ともなっているマガジンは、円筒形の容器内に螺旋状に弾薬を並べて保持するヘリカル(螺旋)マガジンで、64発というハイキャパシティを有する。同国イジェマッシのビゾン短機関銃と同様のマガジンであるが、PP-90M1は、アダプターを接続して、通常のボックスマガジンを使用することも可能だ。ロシア製の7Н31という徹甲弾を使用することもあって、短機関銃としてはかなりの火力を有する。また、西側の9mmパラベラム弾も使用可能となっている。
 PP-90M1の初期モデルには特異なチャージング"ボタン"が存在した。銃身の上に据えられた親指ほどの長さに突き出した部品がそれで、指一本で押し込むことで、初弾を薬室に送り込むと共にコッキングする仕組みだ。とはいえ、リターンスプリングで支えられたボルトと直結したチャージングボタンを、指一本で押し込むのはそう簡単ではなく、当然連射後には銃口が過熱しているため、これを避けるのにも注意を要した。またサプレッサーを装着するとこれが干渉して、コッキングが困難となる問題もあった。こうしたことからか、2005年に発表されたモデル(上掲画像)では、PP-2000と同設計の、G36のものに似た左右にフリップするチャージングハンドルに変更されている。
KBP PP-90M1 / КБП ПП-90М1 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.KBP
2.9x19mmパラベラム弾
3.画像
4.動画
5.関連




KBP

836
http://www.kbptula.ru/en/


9x19mmパラベラム弾

736

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたDeutsche Waffen und Munitionsfabriken(DWM、ドイツ武器弾薬工業)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。
9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。
現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。
9x19mmパラベラム弾 wikipedia 

画像

846
844
845


動画

 PP90M1 SUBMACHINE-GUN (in real life)
  

 PP-90M1
 


関連