CBJ-MS


821 
全長 565/363mm 重量 2.8kg 口径 9mm×19 6.5mm×25 CBJ 装弾数 20/30/100
CBJ-MSは、スウェーデンのカール・ベルティル・ヨハンソンと、彼が設立した武器開発企業であるCBJテックABによって発案・設計されたPDW/短機関銃である。CBJ-MSはCBJモジュラーシステム(Modular System)の略。
 2000年代初頭にイギリス軍が関心を示し、スウェーデンの軍需企業であるサーブ・ボフォース社がプロジェクトのスポンサーとなっていたが、結局イギリス軍はCBJ-MSへの関心を失い、サーブ・ボフォースもプロジェクトから撤退した。しかし、CBJテックABはその後も本体と弾薬の開発を継続している。

 CBJ-MSのシステムの中核となっているのは6.5mm×25 CBJで、弾丸本体はタングステン製の4mm径31グレインの弾芯を軽量なポリマーのサボで覆った徹甲弾である
 6.5mm×25 CBJは8インチ長の銃身による発射で初速が秒速830mまでに達する高速弾である。CBJテックABによるテストでは、弾道特性は200mの距離で8インチ銃身による射撃で、14.5インチ銃身のM4から発射されるSS190弾に匹敵し、M4よりも短いAUGパラからの発射ではむしろ勝るほどであるとしている
 貫通力は非常に高く、ボディアーマーに対しては、CRISAT(NATOの規格)規格のものなら230m、7mmの圧延防弾板のものなら50mまでの距離から貫通でき、非装甲の目標に対してはスプーンチップの弾芯がヒット直後にタンブリングを起こし外傷を悪化させる。
 6.5mm×25 CBJで使用される弾体は、同口径の従来弾の薬莢にも装填して使用可能である。また、6.5mm×25 CBJ自体も本銃以外による使用も考慮されており、9mmパラベラム弾仕様の銃なら、銃身とリターンスプリングを交換するだけで6.5mm×25仕様に換装できる。6.5mm×25 CBJの薬莢は9mmパラベラム弾のそれを前方に延長しネックダウンしたもので、リム径も同寸となっているからだ。

 この高い互換性により、6.5mm×25 CBJによって既存の軍用拳銃の性能を飛躍的に向上、また従来のカービンをより軽量なSMGモデル(またはSMGそのもの)と、同重量であれば5.56mm×45弾の3倍の弾数を携行可能な6.5mm×25 CBJ弾によって置換可能であるとし、他のPDWよりも弾薬そのもののモジュラー性を強くアピールしている。
CBJテックAB CBJ-MS 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.6.5mm×25 CBJ弾
2.画像
3.関連


6.5mm×25 CBJ弾

825


画像

823
822
820
824


関連