B&T APC


818 
全長 379(597)mm 重量 2.5kg 口径 9mm×19 装弾数 15/20/25/30
スイスのB&T社が2011年に発表したAPC(Advanced Police Carbine)は、法執行機関向けの短機関銃/カービンである。
 同社は既にMP9という短機関銃を製造・販売しているが、これは元はオーストリアのステアー社のTMPをPDWコンセプトに基いて改修したものであり、対してAPCはB&T社が独自に設計したオーソドックスな短機関銃である。MP9に携わったことから得た「世界は未だ9mmの警察用カービンないし短機関銃を求めている」というフィードバックから開発された。

 作動方式はクローズドボルトのシンプルブローバック方式。アッパーレシーバーはアルミ合金製、ロアレシーバーはポリマー製。レシーバー上部とハンドガード下部・側面のピカティニーレールに加え、バックアップ用のフリップアップサイトも備えている。セイフティや各種レバー類はアンビ仕様で、チャージングハンドルは左右の交換が可能である。
 銃口には、自社製サプレッサーを装着するための固定用ラグが設けられている。バットストックは、サイドフォールディング式スケルトンストックと、防弾ヘルメット用に角度のついたストックの2種類に対応。

 製品には銃本体の他、エイムポイント製TL1レッドダットサイト、フォアグリップ、タクティカルライト用マウントベース、マガジン(30連×2、15連×1)などが同梱されている。特に光学サイトはマウントされ、着弾位置など調整済みの状態で出荷されるため、購入後すぐに使用することが出来る。これらのアクセサリーを含むパッケージ価格はH&K社のUMP単体の価格と同等に設定されており、H&K社製の短機関銃への対抗馬としての側面が強く押し出されている。
B&T APC 【短機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.B&T
2.9x19mmパラベラム弾
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




B&T

815
http://www.bt-ag.ch/site/eng/startseite


9x19mmパラベラム弾

736

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたDeutsche Waffen und Munitionsfabriken(DWM、ドイツ武器弾薬工業)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。
9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。
現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。
9x19mmパラベラム弾 wikipedia 

画像

816
817

APC9 
819


動画

 B&T - APC9
  

 B&T APC9 & APC45
  


関連
B&T MP9 ガスブローバック 4544416120908

B&T MP9 ガスブローバック 4544416120908
価格:26,049円(税込、送料別)

ARES UMP 電動ブローバック

ARES UMP 電動ブローバック
価格:22,464円(税込、送料別)