レミントン MSR

106
 
全長 914(1168)mm 重量 5.9(7.71)kg 口径 .338 Lapua Magnum .338 Norma Magnum .308 Winchester(7.62mm×51) 装弾数 5/10
MSR」は、"Modular Sniper Rifle"の略称。2010年に登場。
 モジュラーの名称が指し示すように、複雑・多様化する現代戦において、一つのプラットフォームで様々な状況に対応できる狙撃銃として設計された。数分の作業で、各種銃身と口径の変換が可能で、有効射程は1500mにおよぶという。

 バットストックはサイドスイング式で、チークピースとバットプレートが調節可能。レシーバー及びハンドガード上部には、ピカティニーレールを搭載。トリガーは、M24と同様のシステムが組み込まれている。

 また、フリーフローティング仕様のハンドガードには、軽量化と放熱のための肉抜き穴が多数施されている。八角形の形状をしたハンドガードには追加レール固定用のネジが設けられ、左右と真下以外に、斜め方向にもレールを装着することができる。
レミントン MSR / Remington MSR 【小銃(狙撃銃)】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.レミントン・ディフェンス
2.SOCOM 次期狙撃銃として
3.アメリカ特殊作戦軍(USSOCOM)
4.画像
5.動画
6.関連
7.関連商品



レミントン・ディフェンス

596
http://www.remingtonmilitary.com/


SOCOM 次期狙撃銃として

最終的に7,970万ドルの契約を取ったのは、レミントンのMSRカスタムだそうです。

今後10年に渡って、5,150丁のライフル・システム、4,696,800発の弾薬が納入されるようです。

MSRは、ボルトと銃身をこうかんすることで、口径が変えられるマルチキャリバーの狙撃銃です。
口径は、7.62mmNATO(.308ウィンチェスター)、.300WinMag、.338のLapuaがあります。

以下簡単なスペックです。
☆スコープ:シュミットベンダー製5-25の×56P MIIライフルスコープ。
☆使用弾薬:.338 300グレイン弾
☆命中精度:1,000mで0.7MOA(.338口径の300グレイン弾使用時)
☆サプレッサー:ACCのマズルブレーキと、チタンQDサプレッサー
☆銃身:クロームモリブデン鋼製、メラナイトコーティング
☆ライフリング:5条、1/9.5インチツイスト、
☆引き金:トム メイヤー製 Xトリーム トリガー
☆ハンドガード:一体型、20MOAトップレール付き

元々、このMSRは、特注のカスタムストックを中心に機関部、銃身、弾倉を交換して口径を変える銃のようで、メインはストックになるそうです。
しかし、口径を交換するメリットは、輸送、運搬が便利というだけで、本当のスナイパーからすれば、あまり良い点がない、といのは、前から聞いていました。
SOCOM 次期狙撃銃 ・・・・・ レミントンMSRカスタムに ... 


アメリカ特殊作戦軍(USSOCOM)

498
http://www.socom.mil/default.aspx

アメリカ特殊作戦軍(アメリカとくしゅさくせんぐん、英:United States Special Operations Command : USSOCOM)は、米国の統合軍の一つであり、陸軍、海軍、空軍、海兵隊の特殊作戦部隊を統合指揮している。
アメリカ特殊作戦軍 wikipedia

画像

767
771
769
768
772


動画

 Remington MSR video
  

 Remington MSR SHOT Show Vid - LEAKED!!
  

 Remington MSR .338 Lapua AAC Titan suppressor - 2011 Silencer Shoot
  


関連