ステアー SSG69


706 
全長 1003mm~1119mm 重量 3.8kg~4.2kg 口径 7.62mm×51 NATO(.308 Win) .243 Win .22-250 Rem 装弾数 5/10
SSG 69のモデル名はScharf Schützen Gewehr(英:Sharpshooter Rifle)の頭文字と、オーストリア陸軍が本銃を採用した年(1969年)に由来する。
  マガジンは、ボルトアクションライフルでは一般的な内蔵固定ではなく着脱式となっており、収められる弾薬の配列も、ポピュラーなダブルカラムではなく、ロータリー式である。これらはSSG69の基礎となっている、ステアー社製ボルトアクションライフル・ファミリーの大きな特徴である。
 ロータリーマガジンは、弾薬が円形に配列されたマガジンで、内部のフォロワーが回転することで弾を送り出すようになっている。ダブルカラムのような容積上の利点は無いが、フォロワーが真っ直ぐ弾を押し上げる従来のものと比べると、マガジンへの弾込めがスムーズに行える点に定評がある。特にSSG 69のマガジンは、後部に透明な樹脂製の視認窓が設けられており、マガジンを外して残弾を確認できるようになっている。またオプションとして、10連発の一般的なダブルカラムマガジンも用意されている。
 ストックは、開発当時はまだ珍しかったGFRP(ガラス繊維強化樹脂)製のシンセティックストックを採用している。

 オーストリア陸軍の採用後から、他国の警察組織等でも採用されるようになり、0.5MOAという高精度から国際的な射撃競技でも活躍した。開発から40年以上経過しているが、現在でも軍・法執行機関を始め競技や狩猟において世界各地で使用されている。
ステアー SSG 69 / Steyr SSG 69 【小銃(狙撃銃)】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ステアー
2.7.62mmNATO弾
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連商品





ステアー

103
 https://www.steyr-mannlicher.com/
ステアーことシュタイヤー・マンリヒャー(Steyr Mannlicher GmbH & KG)はオーストリア(オーストリー)の銃器メーカーである。

ヨーゼフ・ヴェアンドルが1864年に設立した銃器工場を元として、後の1926年にシュタイヤー=ヴェアク(Steyr-Werke AG)、1934年にシュタイヤー=ダイムラー=プフ社(Steyr-Daimler-Puch AG)となるグループの武器開発生産部門で、グロック社と並ぶオーストリアの代表的銃器メーカーである。 1889年に創立者のヨーゼフ・ヴェアンドル亡き後、会社はフェルディナンド・リッター率いるシステム=マンリヒャー社により合併され、シュタイヤー・マンリヒャー社が誕生する。

1977年に同社の主力製品となるブルパップ・アサルトライフル「AUG」が完成し、同年オーストリア軍に「STG77」の名称で制式採用された。AUGはその性能の高さからオーストリアだけではなくオーストラリアやニュージーランドでも使用されることになった。

また競技銃の分野でも優れた製品を生産し、特にエアピストルでは内外で高い評価を得ている。 シュタイヤー社は現在、拳銃から軍用ライフルまでを製造する総合銃器産業として世界規模で商業展開を行なっている。
ステアー wikipedia

7.62mmNATO弾

174

7.62x51mm NATO弾(7.62ミリ ナトーだん、英: 7.62 x 51 mm NATO )は、北大西洋条約機構(NATO)により標準化された小火器用の弾丸。1950年代に提案され、NATO加盟国の軍隊を中心に幅広く採用された。
通常弾の他、曳光弾、空包、模擬弾がある。民間用のものは.308 ウィンチェスター弾として有名。
陸上自衛隊においても、アメリカ陸軍との弾薬共通化のために7.62x51mm NATO弾と互換性のあるM80普通弾が、62式7.62mm機関銃及び64式7.62mm小銃用の弾薬として採用された。M80普通弾には7.62x51mm NATO弾と同程度の装薬量の常装薬弾と、装薬量を10%程度少なくした減装薬弾があり、通常は体格の小さい日本人に合わせ反動が少ない減装薬弾が使用される。62式、64式共にガスレギュレーター(規制子)の調整により、常装薬、減装薬、両弾の発射が可能である。
7.62x51mm NATO弾 wikipedia 

特徴

ベタ訳せば「69型狙撃兵用ライフル」になる。この銃の特徴は強化プラスチック製銃床を採用した点にある。今では珍しくもないが、木製ストック以外の銃床を採用した狙撃ライフルはこのSSG69が最初だった。プラ製と木製を比較した場合、木製ストックは反動を吸収しやすく、また、保持した際に汗を吸い取って滑りにくいと撃つ側に取っては利点も多い。ただ、木製ストックは曲面加工に結構手間がかかり生産性はあまりよくなかった。狙撃ライフルは大量生産しないからそれは欠点ではないが、一番の欠点は汗を吸い取るように、水分を吸収しやすいために、微妙に膨張・縮小が起こる。ほんのわずかではあるがこれが精密射撃にはかなり影響をあたえる。そのために、最近では木製ストックはあまり好まれない傾向にある。ステアー社がそこまで計算してプラスチックストックを採用したかはわからない。ちなみに、SSG69には木製ストックバージョンもあるにはある。

 ステアーSSG69は他のボルトアクションライフルと比べていくつか違った特徴がある。1つは、機関部と銃身結合部が長い点にある。普通のライフルは薬室の中間あたりで機関部と結合されているが、SSG69は薬室をスッポリ覆うようになっている。結合部分が広いことはガッチリ固定できているから安定して命中精度が良くなるという利点がある。とされる。実際の所はどうなのだろうか?。あとの特徴として、ボルトのロッキングがボルトの後ろについている点にある。普通は前にあるのだが、こう設計した理由はよくわからない。
ステアーSSG(SSG69) 


画像

707
710
709
708


動画

 Steyr SSG 69 .308 sniper rifle
  

 Steyr SSG 69 pII
  


関連商品