クラッグ・ヨルゲンセン・ライフル


666
クラッグ・ヨルゲンセン・ライフル とは、19世紀後期にノルウェー人w:en:Ole Herman Johannes Kragとw:en:Erik Jørgensenによって開発されたボルトアクションライフルで、アメリカ軍、ノルウェー軍、デンマーク軍で制式採用された。
ノルウェー軍ではM1894小銃として制式採用され、アメリカ軍ではM1892小銃として制式採用された。アメリカ軍で初めて無煙火薬の使用を前提としたライフルであり、弾薬には.30-40クラグ弾が使用された。弾薬は銃の右側面にある大型ハッチを開け、装弾クリップを使わずに一発ずつ装填される。ボルトを閉鎖した状態でも容易に弾薬を装填あるいは除去できる反面、一発ずつの装填には手間がかかった。またボルトのリコイルラグが1個だけだったため、強装弾の使用には制約があった。米西戦争でスペイン軍が装備したモーゼルM1893小銃(スパニッシュ・モーゼル)に比べて上記の問題点が浮かび上がり、10年余りで再度、制式採用ライフルを選定することになりスプリングフィールドM1903小銃へ更新されて行った。
670
クラッグ・ヨルゲンセン・ライフル wikipedia
目次
1..30-40クラグ弾
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連




.30-40クラグ弾

669

.30-40クラグ弾(30-40クラグだん)はアメリカ軍が制式採用していた軍用ライフル弾である。新型ライフル弾を選定するために1890年に委員会が設置され、1892年にトライアルが行われ、採用された。アメリカ軍が初めて制式採用した無煙火薬を使用するライフル弾であるが、命名法が黒色火薬時代の物であり、30口径(7.62 mm)の弾丸を40グレーン(2.59 g)の火薬で打ち出すという意味で30-40と命名されている。
.30-40クラグ弾 wikipedia 

特徴

クラッグ・ヨルゲンセン銃は、19世紀後半にノルウェーで開発されたボルトアクションライフルである。1886年、オーレ・ヘルマン・ヨハネス・クラッグとエリック・ヨルゲンセンの2人により設計された。最初はデンマークでライセンス生産され、M1889の名称で同軍に採用される。数年後、アメリカのスプリングフィールド造兵廠でもライセンス生産され、開発国ノルウェーでも軍用モデルの製造が始まった。

 クラッグ・ヨルゲンセン銃はユニークな給弾機構を持つ。他の多くのボルトアクションライフルは、弾倉上部からクリップを使って給弾するのが通常である。対するクラッグ・ヨルゲンセン銃は、弾倉の右側面が開き戸になっており、横から1発ずつ弾薬を入れる仕組みになっている。これはボルトを後退させずに給弾できるという利点がある。また、従来のクリップ給弾も可能。
クラッグ・ヨルゲンセン銃 / Krag-Jørgensen Rifle 【小銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

668
667


動画

 Krag-Jorgensen Model 1898
  

 Norwegian Krag Jørgensen M1894 Rifle
  

 Krag-Jørgensen Carbine Shooting (Close-Up) by SkilledAmateur
  


関連