カルカノM1891


659
カルカノM91(伊語:Carcano Mod. 91)は、1891年にイタリア王国で採用されたボルトアクションライフルで、採用年度からM1891とも呼ばれる。改良や再設計を重ねながら、第一次世界大戦から第二次世界大戦に至るまで50年近くイタリア陸軍の主力小銃として用いられた他、世界各国にも輸出されて民間でも使用された。 英語圏では派生型・改良型を含めてカルカノ(Carcano)と総称される。

この小銃はしばしば、(特にアメリカの用語で)「マンリッヘル-カルカノ(Mannlicher-Carcano)」、または「モーゼル-パラビシーノ(Mauser-Parravicino)」と呼ばれるが、どちらも正式な名称ではない。イタリアでの制式名はシンプルに「M1891」もしくは「M91」(イル・ノヴァントゥーノ il novantuno)である。
その小銃の名は慣用的に、本来はフェルディナント・マンリッヒャー(英語版)の特許に基づき発展したエンブロッククリップ(挿弾子)を使用する弾倉機構による。しかしカルカノ小銃のクリップの実際の形状と設計はドイツのGew88の派生型である。
663
カルカノM1891 wikipedia
目次
1.The Italian Carcano M1891 Rifle - C&Rsenal
2.ケネディ大統領暗殺事件
3.リー・ハーヴェイ・オズワルド
4.特徴
5.画像
6.動画
7.関連
8.関連商品



The Italian Carcano M1891 Rifle - C&Rsenal

658
http://candrsenal.com/rifle-italian-carcano-m1891/


ケネディ大統領暗殺事件

664

ケネディ大統領暗殺事件(ケネディだいとうりょうあんさつじけん、Assassination of John F. Kennedy)とは、1963年11月22日金曜日、現地時間12時30分にテキサス州を遊説中であった第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディがダラス市内のパレード中に銃撃され死亡した事件である。
犯人とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、2日後にダラス警察署の中でジャック・ルビーに撃たれて殺され、裁判の場に立つことはなかった。そして後にウォーレン委員会の公式調査報告でオズワルドの単独犯行として大統領が後方から撃たれたとする結論に対して、数々の疑惑が出るなど、長年にわたって真相についての議論が続いている。白昼に多くの人々が見ている前で起こった衝撃的な銃撃による大統領の死、犯人がすぐに殺害される意外な展開、その後に暗殺の動機も背後関係も分からず多くの謎を残したまま捜査が終了したことから、陰謀説も多い事件として半世紀が過ぎた現在でも論議を呼んでいる。
ケネディ大統領暗殺事件 wikipedia 

リー・ハーヴェイ・オズワルド

665

リー・ハーヴェイ・オズワルド(Lee Harvey Oswald、別名Alek J.HidellあるいはO.H. Lee、1939年10月18日 - 1963年11月24日)は、アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディ暗殺の実行犯とされている人物。ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。逮捕直後にジャック・ルビーによって暗殺される。

オズワルドは海兵隊在籍中に、特級射手(expert)、一級射手(sharpshooter) 、二級射手(marksman)の資格について、1956年12月には、一級射手の資格に必要な得点をクリアしている。1959年5月には、二級射手 の資格に必要な得点はクリアしているが、一級射手の資格に必要な得点はクリアしていない。そのため、オズワルドがライフルで、彼が証言した位置から移動するケネディを正確に素早く狙撃したという説に対し、一部の懐疑論者は疑問を呈している。

(ケネディ狙撃時にオズワルドが使用したとされる)イタリア製「カルカノM1938」ライフル銃および通販で同時購入した4x18倍率の日本製スコープを使用した、狙撃のエキスパートによる実験では成功例もあるが、オズワルドにそれが可能であったかどうかは判定できない。
リー・ハーヴェイ・オズワルド wikipedia

特徴

カルカノライフルは、かつてイタリア軍が制式採用していたボルトアクションライフルである。ジョン・F・ケネディ暗殺事件の実行犯とされる、リー・ハーヴェイ・オズワルドが使用した銃としても知られる(M1938、6.5mm×52弾仕様、4倍率スコープ装着)。

 1890年にイタリア政府主導の下、主任技師のサルバトーレ・カルカノが中心となって、トリノ市にある陸軍造兵廠で開発された。それまでイタリア軍の制式銃だったベッテルリライフルの後継として、1891年にイタリア軍が「M1891」として採用した。フルサイズとカービンモデルが存在し、カービンモデルは1893年に採用された。1938年には威力不足が指摘されたことから、7.35mm×51弾に口径を改めた「M1938」が登場。しかし、1941年には標準弾薬を以前の6.5mm弾に戻している。
カルカノ M1891 / Carcano Modello 1891 【小銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

662
660
661


動画

 Italian 1891 M91 Paraviccini Carcano 6.5 Infantry Long Rifle at 420 yards
  

 Model 1891 Carcano Rifle 100 yards
  


関連