PGM ウルティマラティオ


633
軍・法執行機関向け高精度スナイパーライフルを製造しているフランスのPGMプレシジョン社(PGM Précision)が開発した、ボルトアクションスナイパーライフル。「ウルティマラティオ」という名称は、ラテン語で「切り札、最後の手段」を意味する。
 モジュラーシステムを採用しており、フリーフロート設計の銃身は、用途に応じて簡単に交換が可能である。銃口部にはマズルブレーキを備え、バイポッド、ピカティニーレール、ピストルグリップを標準装備とする。バットストックは折畳みと伸縮が可能なリトラクタブル仕様で、調節可能なチークパッドと、折畳み式のモノポッドを有する。

 オプションで6mmノーマBR弾も使用可能で、他にも.338 ラプアマグナム弾仕様の「PGM338」、12.7mm×99仕様の対物ライフル「ヘカートII」といったバリエーションが存在する。
PGM ウルティマラティオ / PGM Ultima Ratio 【小銃(狙撃銃)】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.PGMプレシジョン
2.画像
3.関連
4.関連商品




PGMプレシジョン

627
http://www.pgmprecision.com/fr/


画像

634


関連