GIAT FR-F2


609 
全長 1200mm 重量 5100g 口径 7.62mm×51 装弾数 10
フランスのGIAT社製ボルトアクション狙撃銃FR-F1の改良型。第二次大戦中、同国軍の主力歩兵銃だったMAS-36の末裔である。FR-F2とは「Fusil à Répétition modèle F2(ボルトアクションライフルF2型)」の略で、1984年から配備が開始され、現在に至る。

 FR-F1からの主な改良点は、口径をフランス軍独自規格だった7.5mm×54弾から、NATO規格の7.62mm×51弾へ変更。銃身をフリーフローティングとし、ポリマー製のサーマルジャケットで大半を覆ったことである。  口径の変更はNATO加盟によるもので、他加盟国との共同作戦での兵站上の必要性から。

 本銃は、フランス陸軍や海兵隊、GIGN(フランス国家憲兵隊介入部隊)等でも採用されている。フランス陸軍も投入された1996年のコソボ紛争では、市外戦において、本銃を装備したフランス軍スナイパーが活躍した。現在もアフガニスタンの戦場で使用されている。

外国への売り込みはFAMAS同様に成功しなかったが、フランス軍のみで使用しているということもあって、フランスの誇りとなっている。
GIAT FR-F2 【小銃(狙撃銃)】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ネクスター(旧GIAT)
2.7.62mmNATO弾
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連
7.関連商品




ネクスター(旧GIAT)

161
 http://www.nexter-group.fr/ 

 
ネクスター(Nexter)は、フランスの企業グループ。傘下の各社を通じて車両、火砲などの部門で活動する軍需産業グループであり、事実上国有企業となっている。

フランスの造兵廠は、サン=テティエンヌで1764年に開設されたサン=テティエンヌ造兵廠(英語版)を皮切りに、チュール(1777年)、トゥールーズ(1792年)、レンヌ(1793年)、ブールジュ(1866年)、ピュトー(1866年)、タルブ(1870年)、ロアンヌ(1918年)、ル・マン(1927年)、サルブリ(英語版)(1933年)、イシー=レ=ムリノー(1936年)に設立された。
これらを1945年に、 DEFA(Direction des Etudes et Fabrications d'Armements)として統合したのが始まりである。1965年にはDMA(Direction Ministérielle des Armements)を統合してDTAT(Direction Technique des Armements Terrestres)に改称、1971年には国防省が有する他の軍需産業と合併して、GIAT(Groupement Industriel des Armements Terrestres)が誕生した。 
1990年に国有企業化され、翌年にはFNハースタルを傘下に収めた。2006年12月1日、GIATはグループの中核企業としてネクスターを設立した。
ネクスター wikipedia 

7.62mmNATO弾

174

7.62x51mm NATO弾(7.62ミリ ナトーだん、英: 7.62 x 51 mm NATO )は、北大西洋条約機構(NATO)により標準化された小火器用の弾丸。1950年代に提案され、NATO加盟国の軍隊を中心に幅広く採用された。
通常弾の他、曳光弾、空包、模擬弾がある。民間用のものは.308 ウィンチェスター弾として有名。
陸上自衛隊においても、アメリカ陸軍との弾薬共通化のために7.62x51mm NATO弾と互換性のあるM80普通弾が、62式7.62mm機関銃及び64式7.62mm小銃用の弾薬として採用された。M80普通弾には7.62x51mm NATO弾と同程度の装薬量の常装薬弾と、装薬量を10%程度少なくした減装薬弾があり、通常は体格の小さい日本人に合わせ反動が少ない減装薬弾が使用される。62式、64式共にガスレギュレーター(規制子)の調整により、常装薬、減装薬、両弾の発射が可能である。
7.62x51mm NATO弾 wikipedia 

特徴

1967年にフランス軍の制式狙撃ライフルになったFR-F1の後継銃でFR-F2の制式名 称が与えられ、1984年に公開された。 デザインはFR-F1をほぼ受け継ぎ命中精度を向 上するために太陽光に照らされてバレルが膨張しないようファイバー製のサーマルカバーで 銃身を覆って、銃身自体もレシバー側で保持されるフローティングバレルとなっている。
ショルダーストックはF1と同じ木製だが、空挺部隊や特殊部隊向けに強化プラスティック製 が支給されており、折り畳み式も使用されている。FR-F2はフランス陸軍のみならず海兵 隊やGIGN(国家憲兵隊武力介入グループ)等でも使用されている。
GIAT FR-F2 (フランス) 

そして近代改良型のFR-F2が完成し使用が始められたのは1984年、しかしF1の更新用では無かったようでこちらも同時に併用されていました。
F1からの変更点はバレルがフローティング化されフォアエンドがプラスティックで被われた鋼製になり、バイポッドもより丈夫で調整容易なものにされました。 最も大きな変化は銃身にFRP製のサーマルジャケットが被せられた事で、これには3つの目的がありました。
  1. 1.太陽の熱によるバレルの歪み防止。 
  2. 2.焼けたバレルから発する”かげろう”によってスコープの視界が歪められるのを防ぐ。 
  3. 3.その熱による敵側からのIR 探知による発見からの防御。 
なんですが、もっとも大きな効果はコレによってメチャメチャカッチョ良くなったって事でしょう(ヲヲ~~~イ 損耗してゆくF1の更新用として製造されたものも存在し、こちらはF2sと呼ばれ、F2よりも少し改良されたとの事、ネット上で検索をかけると大まかに2種類のF2が存在し、フォアエンドとジャケットの形に微妙な違いが見られます。
サーマルジャケットが単なる筒状のものと、ジャケット上にアイアンサイトと思われるリブを載せたものの2種です。後者がF2sではないかと僕は思うのですがサテ、実際はどうなんだろう?
スコープは現在では、暗視機能を持った物に更新が進んでいるようです。
FR-F2は輸出もされていてFR-G1とFR-G2と呼ばれる2タイプがあり、それぞれバイポッドの長さが調節不可能なものをG1、可能なものをG2と呼んでいます。 この2挺は木製のフォアエンドでサーマルジャケットを装着していない、どちらかと言えばF1に近い外観から識別 するのは容易だそうです。
GIAT FR-F2 


画像

608
610


動画

 tiro FRF2
  


関連