ベルグマン ベアード


505 
全長 254mm 重量 1020g 口径 9mm×23 Bergmann (9mm Largo) 装弾数 6 or 10
ベルグマン・ベアードは、M1896の改良型として1901年に登場した「マーズピストル」を祖とする、軍用自動拳銃である。同年に登場したシンプレックス同様、着脱式弾倉を使用する。

 宣伝の甲斐あって、マーズのバリエーションである「M1903」は、1905年にスペイン陸軍に採用される。その後、スペイン陸軍は3000挺の追加発注を出すが、ベルグマン自身の会社にはそれだけの生産能力は無かった。ドイツ国内での大量生産は難しいと考えたベルグマンは、ベルギーのAEP社(Anciens Establissments Pieper)に下請けに出すことに決める。AEP社では“Bayard(バヤール=魔法の馬)”をトレードマークとしていたことから、同社で生産されたモデルは、“Bergmann-Bayard(日本では「ベルグマン・ベアード」の名が一般的)”と呼ばれた。グリップの形状は、本家ドイツ製がシャープであるのに対し、ベルギー製は膨らんでいる特徴がある。
 「M1908」として改良を加えられた本銃は、契約通りスペイン陸軍に納入された。

 同じ頃、AEP社で生産された「M1910」はデンマーク陸軍に採用された。しかし、1914年、第一次世界大戦が始まるとドイツによるベルギー占領(AEP社がある地区も含む)の影響で生産の中断を余儀なくされる。  戦後、AEP社は生産拠点をデンマークに移し、改良型の「M1910/21」を開発する。M1910/21は1935年まで生産され、デンマーク軍の制式拳銃がFN ハイパワーに置き換わる1946年まで使用され続けた。
ベルグマン ベアード / Bergmann Bayard 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.9mm ラルゴ弾
2.画像
3.動画
4.関連
5.関連商品




9mm ラルゴ弾

509


画像

506
507
508


動画

 Bergmann-Bayard M1910/21 at the Range
  


関連
現代ピストル図鑑 [ 床井雅美 ]

現代ピストル図鑑 [ 床井雅美 ]
価格:1,645円(税込、送料込)