ブローニング バックマーク


490 
全長 241mm 重量 964g 口径 .22LR 装弾数 10+1
アメリカのブローニングアームズが1985年に開発した、.22LR弾を使用する自動拳銃。同年に生産終了した「チャレンジャー」ピストルの後継である。
 外観はコルト ウッズマンやハイスタンダードピストル、スタームルガー MkIのような往年の.22口径ターゲットピストルを踏襲し、構造的には1962年に発売されたチャレンジャーとほぼ同様である。作動方式はシンプルなストレートブローバックで、ウッズマンのようにスライド全体が作動する仕組みとなっている。

 また、フォアエンドとバットストックを追加し、18インチ長のロングバレルとした「バックマークライフル」というモデルも存在する。
ブローニング バックマーク / Browning Buck Mark 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ブローニング・アームズ
2..22LR
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




ブローニング・アームズ

289
http://www.browning.com/

ブローニング・アームズ(英: Browning Arms)は、銃器設計者として名高いジョン・ブローニングが設立したアメリカ合衆国の銃器メーカー。「Browning」の日本語表記は「ブラウニング」が英語の発音により近いと思われるが、日本では「ブローニング」という表記が一般的になっている。
ベルギーのFN社の傘下に入り、一部の製品を共同生産しているためか、よくFN社と同一会社扱いを受けるが全くの別会社である。1966年には高知県の猟銃メーカーであるミロクとも提携し、一部の小銃や散弾銃は現在も、同社がライセンス生産している。
1962年にはアメリカ合衆国カリフォルニア州のPacific Laminates社を買収し釣り具製造に参入したが、1992年にオクラホマ州にあるゼブコ社に釣り具部門を売却した。
ブローニング・アームズ wikipedia 

.22LR

492


画像

488
491
485
486
487
489


動画

 Browning Buckmark - .22LR Pistol
  

 Ruger Mk II vs Browning Buckmark
  

 Browning Buckmark .22 Long Barrel Pistol.
  


関連