ケル・テック PLR-16


415 
出典:http://wa20000hybrid85.militaryblog.jp/e443783.html 
全長 469mm 重量 1.55kg 口径 5.56mm×45 装弾数 10/30
アメリカのケル・テック社が開発した5.56mmライフル弾を使用する自動拳銃。「PLR」は、"Pistol Long Range"の略称。シルエットシューティングや狩猟用として設計された。同社のセミオートマチックライフルであるSU-16シリーズのピストルモデルに相当する。2006年に登場。

 外観はM16のピストルモデル(オリンピックアームズのOA-93など)に似ており、作動方式はロングストローク・ガスピストン、ブリーチ閉鎖機構はM16同様のものを採用している。
 銃身長は9.2インチ。本体はポリマー製で、レシーバー上部にはピカティニーレールを備える。スタンダードモデルにはハンドガードが無いが、レール付きハンドガードやコンペンセイター付きのタクティカルモデルも存在する。標準の10連弾倉の他、M16/AR15互換の30連弾倉も使用可能。
ケル・テック PLR-16 / KEL-TEC PLR-16 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ケル・テック
2.5.56x45mm NATO弾
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連




ケル・テック

277
http://www.keltecweapons.com/


5.56x45mm NATO弾

414

5.56x45mm NATO弾(5.56みりめえとるナトーだん、英: 5.56 x 45 mm NATO)とは、北大西洋条約機構 (NATO) により標準化された小火器用の実包である。中間弾薬としての性格が強い、小口径高速弾である。

5.56×45mm NATO弾の通常弾(NATO名:SS109、アメリカ軍名:M855)は、理想状況下では軟組織に対しておよそ380-500mmの貫通力を示す。他の同様な尖突形状弾と同じく、軟組織内ではヨーイング(横方向へのブレ)を起こしやすい。しかしながら、820m/s以上の銃口初速で発射された弾頭は、軟組織内でヨーイングしたあと、弾頭下部の環状溝のあたりで割れ、断片は軟組織の内部を傷つけながら散らばる。この断片化は、弾頭の断面形状と銃口初速に大きく左右される。銃口初速は銃身の長さにより変化するため、銃身が短い銃器では、銃身が長い銃器に比べて殺傷能力が低下する。
5.56x45mm NATO弾 wikipedia

特徴

作動方式はAR-18H&K G36などと同じように、ロングストローク・ガスピストン方式で、その点でもアサルトライフルと同じです。ただし、フルオートマチック射撃はできないようになっていて、セミオートオンリーです。また、アサルトライフルと同じようにコッキングハンドルを装備しています。本体はポリマー製でこのために、大きさの割には軽量になっています。弾倉は10発装填が標準装備されていますが、M16系統の弾倉(30発装填)も使用可能となっていて、連射機能がないだけで、PDW(個人防御兵器)にも分類されそうな自動拳銃ですね。

軍用アサルトライフルと同じように、国際規格のピカティニーレールもありますし、フルオートに改造すれば(違法ですが)、完全に軍用、とくに特殊部隊向きになるのではないでしょうか。
アサルトライフル弾を使用するハンティング用「拳銃」、Kel Tec PLR-16 ジャック天野のガンダイジェスト 


画像


417
418
416
419


動画

 PLR-16 Kel-Tec is a lot of FUN TO SHOOT
  

 Keltec PLR-16 with 100 round Surefire Magazine
  

 Kel-Tec PLR 16
  


関連


拳銃の科学 [ かのよしのり ]

拳銃の科学 [ かのよしのり ]
価格:1,296円(税込、送料込)