ケル・テック PF-9


411 
全長 149mm 重量 360g 口径 9mm×19 装弾数 7+1
 
アメリカのケル・テック社がコンシールドキャリーやバックアップ用として開発したコンパクトピストル。発射方式はダブルアクションオンリー。2006年に登場。

 同社が開発した「P11」と「P3AT」がベースになっているが、両者と比べて軽量・薄型に設計され、バレル・スライド・フレームなどの主要部品はCNCマシンによる精密切削で製作されている。ポリマーフレームで、コンパクトサイズながら、ダストカバーにアクセサリーレールを搭載している。マニュアルセイフティは無く、トリガー連動のハンマーブロック・セイフティを備えている。弾倉はシングルカラム式。
ケル・テック PF-9 / KEL-TEC PF-9 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ケル・テック
2.9x19mmパラベラム弾
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連




ケル・テック

277
http://www.keltecweapons.com/


9x19mmパラベラム弾

736

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたDeutsche Waffen und Munitionsfabriken(DWM、ドイツ武器弾薬工業)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。
9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。
現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。
9x19mmパラベラム弾 wikipedia 

特徴

大ヒットしたP11の後継モデルで、コンセプトは同じく一般人の市民と警察官向けの護身用として、開発 された。P11よりもさらにコンパクトで軽量となり、厚さはワルサーPPSよりも薄く、わずか22mmしかない。

ポリマー製のフレームには、ピンで固定されたスチール製スライドレールを持ち、バレル下部にはピカティ ニーレイルも追加されており、拡張性もアップされている。 トリガーシステムは、P11と同じダブルアクション オンリーだが、リーチが短いショートトリガーに改善された。 相変わらずマニュアルセーフティは無く、代わり にインターナル・ハンマー・ブロックを備えている。

マガジンはシングルカラムで、グリップはフィンガーエクステンション付き、P11では固定式だったリアサイト は、ウィンテージ調整が可能なアジャスタブルサイトに変更された。
ケル テック PF9 - ハリウッド女優 と 拳銃 


画像

412
413
409
410


動画

 PF9 Kel-Tec
  

 Keltec PF9 Fail- Are they Really Garbage - prepperkip
  

 Kel-Tec PF-9 Review
  


関連