Mle1950


331 
全長 195mm 重量 860g 口径 9mm×19 装弾数 9
MAC50またはMle1950(MAC Modèle 1950)は、1950年にフランスのシャテルロー造兵廠(MAC:Manufacture d'armes de Châtellerault)にて開発された自動拳銃である。生産は1956年から同造兵廠でスタートしたが、1961年から加わったサンテティエンヌ造兵廠に翌々年の1963年から全生産が引き継がれた。このため、サンテティエンヌ造兵廠の名から取られた「MAS50」と呼ばれることもある。1978年の生産終了まで約341,900挺が製造された。
 それまでフランス軍で使用されていた先代のMle1935やMAS38短機関銃の7.65mmローン弾より強力な9mmパラベラム弾を採用しており、1950年にフランス軍に採用されて以降1970年代まで使用された。モロッコなどアフリカ諸国でも使用した国があった。
 構造的には先代のMle1935を踏襲しており、1911とよく似たロックブリーチショートリコイル作動とリンク式ティルトバレルを用いている。トカレフに似たハンマーメカニズムのユニット化やシングルアクショントリガー、スライドのマニュアルセイフティなど整備性や操作性も同様だ。
MAC Mle1950【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.シャテルロー
2.9x19mmパラベラム弾
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




シャテルロー

335

シャテルロー (Châtellerault)は、フランス、ポワトゥー=シャラント地域圏、ヴィエンヌ県のコミューン。

コミューンの名は、都市をつくったAiraudにちなむ。子爵の位を得て彼はこの地に城を築いた。城はラテン語でCastrum Airaldiと呼ばれ、やがてこの2つの言葉が合体して現在の名前となった。
シャテルロー wikipedia

9x19mmパラベラム弾

736

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたDeutsche Waffen und Munitionsfabriken(DWM、ドイツ武器弾薬工業)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。
9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。
現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。
9x19mmパラベラム弾 wikipedia 

画像

332
333
334


動画

 Démontage PA mac 50
  

 Séance de Tir PA MAC 50
  


関連