フロンマー・ストップ


308 
全長 165mm 重量 600g 口径 .32 ACP / .380 ACP 装弾数 7
小型モデルの「ベビー」も存在する。
 1912年にはオーストリア・ハンガリー軍に.32ACP弾仕様がPisztoly 12Mとして制式採用された他、第一次大戦後の1919年にもハンガリー陸軍にPisztoly 19Mとして制式採用された。.32ACP弾の低威力が指摘された後には.380ACP弾仕様のPisztoly 39Mが追加制式となり、ハンガリー警察でも1945年まで一部採用され、両大戦期においてハンガリーで大きく成功した自動拳銃となった。生産は1929年までで、合計で360,000挺程が生産された。また、作動方式をシンプルブローバックに変更した「リリプット」も、Pistztoly 29Mや37Mとしてハンガリー陸軍や空軍で使用された。

 作動方式は自動拳銃への採用としては珍しいロングリコイル。フロンマーの設計した拳銃ではM1910から続く作動方式で、反動低減を見越して採用されたものであるという。トリガーはシングルアクションで、ボルトストップの類は無く、マニュアルセイフティも存在しないが、グリップセイフティがグリップ後方に装備されている。マガジンキャッチは底部にあるコンチネンタルタイプである。また、グリップに取り付ける折りたたみ式のストックが用意された。
FÉG フロンマー・ストップ / FÉG Frommer Stop【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.オーストリア=ハンガリー帝国
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連商品




オーストリア=ハンガリー帝国

312

オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア=ハンガリーていこく、ドイツ語: Österreichisch-Ungarische Monarchie または Kaiserliche und königliche Monarchie、ハンガリー語: Osztrák-Magyar Monarchia)は、かつて欧州に存在した国家。ハプスブルク君主国の一つとされる。

ハプスブルク家の君主が統治した、中東欧の多民族(国家連合に近い)連邦国家である。1867年に、従前のオーストリア帝国がいわゆる「アウスグライヒ」により、ハンガリーを除く部分とハンガリーとの同君連合として改組されることで成立し、1918年に解体するまで存続した。オーストリア=ハンガリーとも。
オーストリア=ハンガリー帝国 wikipedia

特徴

フロンマー・ストップはハンガリーの設計者による最も有名なピストルであり、第一次大戦中オーストリア・ハンガリー帝国によって、また1920年代の終わり頃まで(一部はそのずっと後でも)、オーストリア・ハンガリー帝国の解体後もなお、多くの将校たち、主にハンガリーの軍および警察部隊によって運用された。

フロンマーピストルは回転突起ロッキングシステムを伴うシリンダー閉鎖機構を持つ。バレルは閉鎖機構の全後退ストロークに同行し、閉鎖機構とは無関係に再び前方、その出発ポジションに復帰する。この構造原理は例えば1911年9月5日におけるドイツパテントナンバー252983によって保護され、そのバレルおよび閉鎖機構のための復帰スプリングの配置図はフロンマー・ベビーの場合を示している。
フロンマーストップピストル - nifty 


画像

309
310
311


動画

 Slow Motion: Frommer Stop (1912)
  

 Shooting the Frommer Model 1912 "Stop" - a Hungarian 32acp pistol
  


関連商品


最強の狙撃手 [ アルブレヒト・ヴァッカー ]

最強の狙撃手 [ アルブレヒト・ヴァッカー ]
価格:2,484円(税込、送料込)