メタルストーム MAUL


298 
重量 816g 口径 12ゲージ 装弾数 5
MAUL(Multi-shot Accessory Underbarrel Launcher)は、オーストラリアのメタルストーム社が開発したセミオートマチック散弾銃である。

MAULはメタルストーム社がこれまで開発してきた兵器"メタルストーム"の設計を散弾銃に落とし込んだものだ。これは同社のスタックド・ラウンド(Stacked Round)という技術で、12ゲージ相当の5発の弾薬が、銃身内に炸薬と交互に縦列に詰められている。銃身は弾倉を兼ねるとともに、いわば薬室と薬莢の機能を併せ持つ構造だ。これを最前部から電気着火し、排莢無しに順に発砲していける仕組みである。
 撃発用の電源はトリガーガードの前方に収納した乾電池から供給される。弾薬は5発がワンパッケージのチューブに詰められ、これを本体前方から2秒とかからず装填できる。マガジンチューブが銃身を兼ね、従来の機械的な連発機構を廃した恩恵により本銃は並外れて軽量であり、アンダーバレルアタッチメントとして用いた際の負担の軽減が期待される。

 想定される用途は従来の軍・法執行機関向け散弾銃と同様のもので、市街地での軍事作戦、ドアブリーチングと室内のクリアリング、警護任務、法執行機関や国境警備部隊での作戦、暴徒鎮圧などとなっており、弾薬もこれら用途に則した殺傷性のバックショットやスラグショット、または低致死性弾等が使用できる。
メタルストーム MAUL / Metal Storm MAUL 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE
目次
1.メタルストーム
2.12ゲージ
3.画像
4.動画




メタルストーム

294
http://www.metalstorm.com/

メタルストーム社(Metal Storm、ASX:MST)は、電子制御された兵器開発を専門とする研究開発会社である。

同社が開発した兵器の名称としても知られている。それについては、インクジェットの要領で火薬の起爆を行う機構を使用し、銃身に銃弾と発射火薬を一定間隔で詰めたものを幾重にも並べ、1分間に数百万発以上の銃弾を発射する、というものである。
オーストラリア証券取引所に上場している。
同社には、弾道学技術関係の30以上の特許を持っている。
メタルストーム wikipedia

12ゲージ

268

12番(12ゲージ・12GA)
口径が1/12ポンドの鉛球に相当する直径18.1ミリの実包を使用するもの。世界的に最も多く用いられている口径。日本国内では一般に許可される実質的に最大口径である(銃刀法上の最大口径は8番)また、クレー射撃公式競技は基本的に12番が使用される。
散弾銃 wikipedia 

画像

295
296
297


動画

 Ghosts Guns || SHOTGUNS ~ "BULLDOG" or Maul ~ Weapon Guide