UTS-15


270 
全長 720mm 重量 2.8kg 口径 12ゲージ 装弾数 7+7(6+6)+1
UTS-15は、トルコの銃器メーカーUTASマキナが開発したブルパップ式ポンプアクション散弾銃である。2011年のIDEXで初披露された。
 元はアメリカのスミス アンド ウェッソン社による依頼からスタートしたプロジェクトだったが、S&Wが中途で撤退してしまい、UTASマキナ社が独自に開発を進めたものである。ちなみに同社はS&W向けに散弾銃を生産・OEM供給しているメーカーで、サベージ・スティーブンス社やキンバー社向けにも質の高い散弾銃を製造・供給している。

本銃の特徴は、ネオステッド2000から継承した、銃身上に並列配置された2本のチューブラーマガジンである。各マガジンはそれぞれ左右にダストカバー付きの給弾孔を有し、2 3/4インチシェルなら7発、3インチなら6発をそれぞれ装填できる。またマガジン上部には、マガジンフォロワーを操作するレバーが突き出しており、これがシェルの押し出し以外にも残弾のインジケーターとしても機能するようになっている。
 射撃のさいは、マガジン後部のレバーを左右にスイッチして、いずれか一方のマガジンから給弾・装填することもできるが、レバーを中央にセットすると、左右交互にシェルが送弾され、切替操作無しに最大15発を連続して発射することができる。この点、オリジナルのネオステッドを始め、KSGSRM 1216といった他社製マルチチューブマガジン式散弾銃には無いものだが、装填機構の複雑化と装弾数規制による販路の制限&その対応といった課題を引き換えにしている。
 本銃のレシーバーはCFRP(炭素繊維強化樹脂)で構成されており、2.8kgという本体の軽量化につながっている。ピストルグリップと左サイドのマニュアルセイフティはAR15/M16系のものが流用された。マガジン上部にはピカティニーレールが備えられており、アイアンサイトや各種光学照準器が装着可能。レシーバーのカバーは上方に展開でき、作動不良を起こした際に迅速かつ容易に対応できる他、ここからマガジンや薬室へのシェルの装填も可能だ。

 UTS-15は、方々で多々不具合が指摘されており、評価の低下につながっている。具体的には、マガジンフォロワーのレバーのスロットがゴミの混入につながっていること、マガジンスプリングの動きが渋いこと、マガジン切り替えスイッチが破損しやすいこと、ダブルフィードや排莢不良等マルファンクションの多発、スプリングが錆びやすい、ストックからグリップまでの距離が短すぎる等。しかし適宜改良は行われており、現在は第三世代型が開発されている。
UTAS UTS-15 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE
目次
1.UTASマキナ
2.12ゲージ
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連
7.関連商品




UTASマキナ

276
http://www.utas-usa.com/


12ゲージ

268

12番(12ゲージ・12GA)
口径が1/12ポンドの鉛球に相当する直径18.1ミリの実包を使用するもの。世界的に最も多く用いられている口径。日本国内では一般に許可される実質的に最大口径である(銃刀法上の最大口径は8番)また、クレー射撃公式競技は基本的に12番が使用される。
散弾銃 wikipedia 

特徴

トルコのUTAS社が開発したブルパップ式ポンプアクションショットガン。  ゴツく重々しいシルエットだが、銃身には強化ポリマー樹脂を使用し、軽量かつコンパクトに仕上がっている。  銃身上部にはピカティニーレールを標準装備し、光学機器の装着が容易。
 レール左右には残弾の状況を知らせる0~7の数字の振り分けられたバーも備えられている。

 この武器の特徴である15発の装填数は上部に2本のチューブを備えることで実現している。
 左右の装填口より各チューブに7発の合計14+1発を装填できる。
 スイッチによってどちらか一方のチューブのみ使うように切り替えることもできる。
 これにより、例えば右に非殺傷ゴム弾・左に殺傷可能な散弾を込めて状況に応じて使い分け・・・なんてことも可能。

 Kel-Tec社のKSGツルベロNS2000等も同じようなコンセプトで開発された存在なので、形が似ている。
UTS 15 


画像

271
272
273
274
275


動画

 The UTS 15 Tactical Shotgun
  

 UTS 15
  


関連
行ってはいけない世界遺産 [ 花霞和彦 ]

行ってはいけない世界遺産 [ 花霞和彦 ]
価格:1,404円(税込、送料込)