SRMアームズ 1216


264 
全長 825.5mm 重量 3.29kg 口径 12ゲージ 装弾数 16
メディアへの初出は2008年のショットショー。設計に携わったのはウォーレン・ストックトン氏、あのキャリコのデザインに携わった設計者である。

 この銃最大の特徴は何と言ってもマガジンである。4本のチューブが束ねられており、それぞれにショットシェルを装填する。脱着式のため、予備のマガジンと交換することで一度にフル装填が可能である。装填の際はロアレシーバーの前部とフロントブロック下のリリースレバーに引っ掛けることで銃身下部に取り付ける。射撃の際はチューブ内のシェルを撃ち切るたびに手動でマガジンを絞るように回転させ、次のチューブ内の弾丸をチャンバーに送り込ませる。この機構がコンパクトさを確保しながら16発という多装弾を実現し、異なる弾種の撃ち分けも可能とした。
 マガジンはどちらの方向にも回転するため、誤って空のコンパートメント側に回転させてしまうリスクがある。ただし、基本的にはコンパートメントが空になる度ボルトストップが機能して弾切れを明示するうえ、シェルが入ったコンパートメントをトップに回せば自動的にシェルが薬室に送り込まれてボルトストップが解除される仕組みであるため、リカバーは容易である。
 作動方式はローラーロッキングボルトによるディレードブローバック。散弾銃への採用は珍しいが、これはマガジンの設計によるところが大きい。ガス圧を利用するとなると、稼動する部品を往復させるためのガイドが必要になるわけだが、マガジンレイアウトの関係上、これまでの自動式散弾銃のように銃身近くにそれを備え付けることが出来なくなってしまった。結果として、構造的に脆いショットシェルにはあまり優しくないローラーロッキングを採用せざるをえなかったのである。
 人間工学をある程度考慮しているため操作系は少なからずアンビ化がなされている。セイフティレバーは右側面にのみ付いており入れ替えも出来ないが、レバーがトリガー付近に突き出す格好となっているため、左右どちらで保持してもトリガーフィンガーで操作することが出来る。ハンドル、エジェクションポートは迅速な交換は出来ないが、左右の入れ替えが可能である。ピカティニーレールは上面、両側面の計三面に備えられている。  
SRMアームズ 1216 / SRM Arms Model 1216【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.SRMアームズ
2.12ゲージ
3.画像
4.動画
5.関連商品




SRMアームズ

260
http://www.srmarms.com/


12ゲージ

268

12番(12ゲージ・12GA)
口径が1/12ポンドの鉛球に相当する直径18.1ミリの実包を使用するもの。世界的に最も多く用いられている口径。日本国内では一般に許可される実質的に最大口径である(銃刀法上の最大口径は8番)また、クレー射撃公式競技は基本的に12番が使用される。
散弾銃 wikipedia 

画像

261
262
263


動画

 Gun of the Week: SRM Arms Model 1216
  

 SRM Arms 1216 Video.wmv
  


関連商品