十一年式軽機関銃


十一年式軽機関銃(じゅういちねんしきけいきかんじゅう)は、大日本帝国で1910年代から1920年代前期にかけて開発・採用された軽機関銃。日本軍が初めて制式採用した軽機関銃であり、1941年(昭和16年)までに計約29,000挺が生産された。

歴史上初めて機関銃が本格的に使用された近代戦は日露戦争であり、日本軍は保式機関砲を、ロシア軍はマキシム機関銃を配備して戦った。この日露戦争において、日本軍は巧みに配置されたロシア軍の防御陣地に苦戦し、歩兵の攻撃前進や突撃が封じ込まれ大損害を蒙った。
当時の機関銃は大型大重量で、要塞や塹壕など陣地に固定して用いる防御兵器の色合いが強く、小銃を使用する歩兵と共に速やかに移動することは困難であり、また機関銃を使用した戦術や機関銃に対抗する戦術もまだ確立されていなかった為に、日露戦争初期の段階では日本軍は機関銃を有効に活用することができず、旅順攻囲戦(旅順要塞)などロシア軍側の機関銃の戦果ばかりが目立つ結果となってしまった。
その後、日本軍は三八式機関銃や三年式機関銃を開発し、機関銃の国産化に成功するが、これらも大型大重量で運用するには何人もの兵士を必要とした。
機関銃を歩兵と共に行動できる攻撃的兵器として運用する為には、大幅に小型軽量化する必要があった。当時、第一次世界大戦の欧州戦場ではそうした運用に適する「軽量機関銃」が既にいくつか登場してきており、日本でも軽量な機関銃の開発が進められる事となった。
259
十一年式軽機関銃 wikipedia
目次
1.東京砲兵工廠
2.三八年式実包
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連
7.関連商品




東京砲兵工廠

617

東京砲兵工廠(とうきょうほうへいこうしょう)は、日本陸軍の兵器工廠である。1871年(明治4年)から1935年(昭和10年)にその機能を小倉工廠に移転するまで操業し、小銃を主体とする兵器の製造を行った。また、官公庁や民間の要望に応えて、兵器以外のさまざまな金属製品も製造した。
東京砲兵工廠 wikipedia 

三八年式実包

618
三八式実包(さんはちしきじっぽう)とは、大日本帝国陸軍によって開発された6.5mm小銃弾である。三八式歩兵銃などの火器で使用された。三十年式実包を尖頭銃弾に改良したものであり、三十年式実包とは完全に互換性があった。

本実包は1906年(明治39年)より陸軍技術審査部において研究を行ない、1907年(明治40年)9月に制定、1913年(大正2年)2月に改正された。最大の特徴は、日本初の尖頭銃弾(「四〇式銃弾」と呼称)という点である。以前採用していた三十年式歩兵銃の円頭銃弾と比較して、骨部に命中した際、貫通力が優れるため、大きな骨創を与えることができた。ただし、肉部への損傷は比較的小さく、不殺銃弾ともよばれる。また、三十年式実包よりも弾丸重量を減らし、装薬を増量することで、より初速を高めていた。開発にあたり、三八式実包はドイツで1903年に採用されたS弾の影響を受けている。
三八年式実包 wikipedia 

特徴

本銃の特徴の一つは銃床の設計である。この銃床は、グリップとの着脱が可能で、上下反転させて結合することで、潜射銃として用いることができた。さらに、本銃の大きな特徴が給弾システムで、歩兵が装備する小銃と同じ挿弾子(クリップ)を使用するというものだった。本体の左側には、装填架(ホッパー)と呼ばれる、上部が開放された箱型の固定弾倉が設けられ、そこから、実包を束ねた5連発挿弾子を平置きで最大6個重ね、計30発を装填する仕組みだった。弾薬も当時の主力歩兵銃だった三八式歩兵銃の三八式実包が選定され、これにより、軽機関銃の補給を主力小銃と共用することができるというものだった。 
 しかし、このシステムは画期的ではあったものの、内部構造が複雑で、最前線の過酷な環境下ではトラブルが頻発した。実包に油を塗布する装置まで設けられていたが、その油に埃や砂が付着してしまい、逆に故障を誘発する有様だった。更には、弾薬と作動機構とのマッチングが解決できず、結局、専用の減装弾を使用することとなり、せっかくの給弾機構も、メリットがほとんど失われてしまった。
東京砲兵工廠 十一年式軽機関銃 【軽機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 

11年式軽機関銃はその構造上、2脚での委託射撃を基本に設計されている。支援兵器であるからそれは至極当然といえるが、満州事変の戦訓で、歩兵の戦いは小隊規模の戦闘から分隊規模のへと移行すべきだという結論がでた。たしかに、散開戦術が一般的になると、小隊ずつよりも分隊毎のほうが戦術の応用が利く。当時の分隊は3人で1班編制の4班で構成されていた(あくまで定数で4人で1班の事例もあったらしい)。当時の小隊は4個分隊編制でうち2個に軽機関銃を配備していた。つまりその軽機分隊のうちの1班に11年式軽機関銃を配備していた。分隊戦闘になるとやはり1個分隊に1つの軽機関銃を持たせておいたほうがいいのは当然の理で、4班編制の分隊で小銃班3個を軽機班で援護し、時には一緒に突撃行動を行うことが望まれた。11年式軽機関銃はその形状上、左手で銃身(ないしガス筒)を持たざるを得ず、普通の状態ならまだしも、射撃後の過熱した状態でのこのような搬送はできなかった。臨時に銃身を握るための石綿パッド(外側が牛革で内側が石綿になっている)を銃身後部に取り付けて持ち運べるようにした。また、11年式軽機関銃は装填架が銃機関部左にあり、そのバランス上、銃床が右に湾曲していた。そのため重量バランスが悪く、他国の軽機と比べたら持ち運びが大変だった。
 結局は後継軽機として96式軽機関銃や99式軽機関銃が開発・配備されていくが、この11年式軽機関銃も生産が続行された。昭和17年までは生産されていた。昭和18年には生産はストップしたと考えられる。
 日中戦争、太平洋戦争ではほぼ全域で使用され、そして散っていった。戦後になって、その形状が珍しいからか、コレクターズアイテムとなり、アメリカでは高値で取引されていると言われる。
11年式軽機関銃 


画像

257
出典:http://rekisineta.ldblog.jp/zaturoku/tutitoheitai.html

258
出典:http://www.xn--u9j370humdba539qcybpym.jp/archives/140 


動画

 大日本帝国陸軍 十一年式軽機関銃の実射 / JAPANESE TYPE 11 LMG / BANZAI 2011
  

 Japanese Type 11 LMG
  


関連