チアッパ ライノ


232
設計者は、マテバシリーズ(2006M6 Unica)を手掛けたアントニオ・クダッソとエミリオ・ジゾーニの2人。護身用やコンシールドキャリーを想定しており、最初に登場したのは短銃身モデルで、シリンダーの形状は角が取れた六角形をしている。名称の由来は、スナブノーズとフロントサイトのシルエットが、サイ(Rhino)の頭部を連想させる所からきている。銃本体にも、サイの頭部を表したロゴが印されている。2009年に登場。

 マテバシリーズ同様、発砲時の跳ね上がり軽減のため銃身を低位置に設けるべく、シリンダーの下側の薬室と銃身尾を接続する独特な構造を持つ。一見するとハンマーに見える部分は、内蔵式ハンマーをコックするためのレバーであり、これを操作してシングルアクションでの発射も可能である。ダブルアクションで発射する場合は、コッキングレバーを操作せずにそのままトリガーを引けばよい。シリンダーラッチはコッキングレバーのすぐ近くにあり、リロードする時はシリンダーを左側にスイングアウトする。

 4インチバレル以上のモデルでは、銃身上部に軽量化用の肉抜き穴(銃身長により数が異なる)と、銃身下部にアクセサリーレールが搭載されている(6インチバレルは銃身上部にも搭載)。表面処理は、ブラックとハードクロームの2種類。
チアッパ ライノ / Chiappa Rhino 【回転式拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.チアッパ(キアッパ)
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




チアッパ(キアッパ)

237
http://www.chiappafirearms.com/

チアッパ(キアッパ)ファイアアームズ Chiappa Firearmsはイタリアの銃器メーカー。リボルバーのライノが有名。
チアッパ(キアッパ) WIKI.WMC

特徴


・同じクラスの.357Mag(Kクラス)に比べて軽量化されている。
・通常のリボルバーとは逆にシリンダーの下に銃身が付いている。
・銃口が銃の下に着くことで、発射時の跳ね上がり(回転)を抑える。
・ハンマーはシングル・アクション時のコッキング・レバーの役目を果たすがダブル/シングル・アクション時も作動しない。
・後部インジケーターで現在のアクション状態を知ることが出来る。
・シングル・アクション時における25mの集弾は50㎜以内。
Rhino 40DS | デザートシューティングツアー


画像

233
234
235
236


動画

 Chiappa Rhino .357 Magnum
  

 6 shots in 1 second with a Chiappa Rhino Revolver
  

 Chiappa Rhino: Recoil & Handling Comparison
  


関連