コルト・パターソン


218 
全長 349mm 重量 1.2kg 口径 .36口径 装弾数 5
パターソンリボルバーは、サミュエル・コルトが設計したパーカッション式シングルアクションリボルバーである。氏の最初の商品であると共に、リボルバー機構を備えた連発式小火器としては、初めて民間向けに販売された、歴史的な拳銃である。
 コルトは、ニュージャージー州パターソン市(銃の名称の由来でもある)に自身の最初の会社であるパテント・アームズ・カンパニーを構え、1836年から1842年までにパターソンを2,350挺を製造した。しかし、業績が悪化し、同社は一度は倒産してしまう。その後、債権者で事業提携者のジョン・エーレルスが引き継ぎ、1847年まで500挺を製造した。
 パターソンは、口径別(.28口径から.36口径)やサイズ別(ポケット、ベルト、ホルスター)で複数のバリエーションが存在する。なかでも.36口径の“ナンバー5 ホルスター(別名:テキサス・パターソン)”は、パターソンを代表するモデルで1,000挺が製造された。

 パターソンは後の多くのリボルバーと違い、フォールディングトリガーという本体内蔵式のトリガーを備えている。これはハンマーをコックすると、本体に折り畳んであるトリガーが下がり使用可能になるユニークな機構である。また、使用済みの雷管を取り外しやすいよう、ニップル(シリンダー後部にある、雷管を装着するための接管)が収まっているシリンダー側面に切り抜き窓が設けられた。
コルト パターソン / Colt Paterson 【回転式拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.コルト・ファイヤーアームズ
2.パーカッション式
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連商品




コルト・ファイヤーアームズ

59
 
コルト・ファイヤーアームズ(英: Colt Firearms、通称コルト)は、世界初のシングルアクションリボルバーを発明した陸軍大佐サミュエル・コルト(1814年7月19日 - 1862年1月10日)の興したアメリカ合衆国の銃器メーカー。創業は1836年。当初の社名は「Colt Patent Firearms」(コルト特許火器)。

コルト社は拳銃のほかに有名なM16M4カービンなどを生産しており、同じアメリカの銃器メーカーであるスミス&ウェッソン社とはライバル関係にある。
コルト・ファイヤーアームズ wikipedia 

パーカッション式
19世紀初頭に発明された前装銃の点火方式の一つで、発射薬への点火に雷汞(らいこう。衝撃によって発火する火薬)をつめた雷管(パーカッションキャップ)を使用する方式。
 厳密には『パーカッションロック』方式で、日本では『管打』式とも呼ばれる。

 悪天候下では発火率の下がる火縄(マッチロック)式や火打石(フリントロック)式とは違い、天候に左右されずに発射可能である。
 アメリカは西部開拓時代インディアンとの戦争で、コルト社のパーカッションロック式リボルバーを盛んに使用していた。
 しかし、19世紀中頃にS&W社によって金属薬莢が急速に普及し、パーカッション銃は姿を消してしまった。
パーカッション / Percussion MEDIAGUN DATABASE 

特徴

1836年、 ニュージャージー州 、 パターソンでサミュエル・コルトが初めて生産したパーカッション式、シングルアクション・リボルバー拳銃。工場の地名から「パターソン・モデル」と呼ばれました。引き金は、撃鉄を起こすと降りてくるフォールディング・リボルバー方式を採用しているため写真では見えていません。このモデルは、軍での制式採用にはなりませんでしたが、西部開拓者やテキサス・レンジャーに私的に使用され、必須の武器となり、サミュエル・H・ウォーカー大尉のコルトへの助言によるさらなる発展を遂げます。開発されたのは、3種類のモデルで、28口径のポケットモデル(.28 caliber paterson pocket model)、31口径のベルトモデル(.31 caliber paterson belt model)、36口径のホルスターモデル(.36 caliber paterson holster model)。
 Pichori コルト・パターソンモデル


画像

220
219
217


動画

 Shooting the Colt Paterson Revolver.mov
  


関連商品