MAS M1892


182 
全長 286mm 重量 850g 口径 8mm×27 SR 装弾数 6
M1892([仏]Modèle 1892 or Mle 1892)は、M1873の後継として開発されたフランス軍のサービスリボルバーである。1892年から1924年間に、MAS(サン=テティエンヌ造兵廠)で約350,000挺が製造された。ベルギーとスペインでもライセンス生産されている。
 士官用として設計されており、フランス陸軍・海軍や国家憲兵隊に支給され、第一次世界大戦中の標準サイドアームであった(ちなみに下士官は古いM1873を使い続けた)。1935年には制式拳銃の座を自動拳銃を譲るが、第二次世界大戦でも相当数が使用され、記念品としてアメリカに持ち込まれることもあった。また1960年代までフランス警察も採用していた。

 先代のM1873とは違ってサイドスイング式(珍しく右側にスイングアウトする)を採用しており、装填・排莢時間の短縮化を図っている。フレーム左側面はヒンジで固定されており、クリーニング時には開くことが可能。初期は黒色火薬カートリッジを使用していたが、第一次世界大戦中に製造された後期型以降は無煙火薬カートリッジに変更された。
 本銃及び弾薬の設計にニコラス・ルベル中佐(当時フランス軍の制式銃だったM1886用の弾薬を設計した人物)は関わっていないが、何故か“ルベルリボルバー”と呼ばれることもある。
MAS M1892 / MAS Mle 1892 【回転式拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.画像
2.動画
3.関連
4.関連商品




画像

183
184


動画

 Firing of the French Model 1892
  

 1892 French Service Revolver (Lebel) History and Shooting
  


関連