MAS M1873


180 
全長 240mm 重量 1040g 口径 11mm×17R 装弾数 6
M1873([仏]Modèle 1873 or Mle 1873)は、1873年にフランス軍に採用された同軍初のサービスリボルバーである。アンリ=グスタフ・デルビンとJ.シャメローの2人の設計者の名前を取って、“シャメロー・デルビンリボルバー(Chamelot-Delvigne Revolver)”とも呼ばれる。

 1870年に起きた普仏戦争の結果、従来の慣例的な戦い方では時代遅れだと気付いたフランス軍は、効率的な訓練法や装備の近代化(小火器や砲術)を推進する。兵士のサイドアームが“剣”から“拳銃”へ変わりつつある時代の中で、シャメロー・デルビンリボルバーが誕生した。1873年から1887年間に、MAS(サン=テティエンヌ造兵廠)で約337,000挺が製造された。後に制式拳銃の座はM1892に譲ることになるが、二度の世界大戦でも相当数が使用された。

 ソリッドフレームのシャメロー・デルビンリボルバーでは、装填・排莢はフレーム右側のローディングゲートから1発ずつ行う。暴発防止策としてダブルアクション機構が組み込まれているが、当然トリガープルも重くなるので、ダブルアクションで狙いを付けるのは困難だった。弾薬は黒色火薬カートリッジを使用。薬莢長が短い(17mm)ので装填の際に手間取ることが多い。
 バリエーションは下士官用のM1873と、士官用のM1874が存在する。前者はノンフルートシリンダー・ホワイトフィニッシュで、後者はフルートシリンダー・ブルーフィニッシュである。
MAS M1873 【回転式拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.画像
2.動画
3.関連
4.関連商品




画像

181


動画

 French Ordnance Revolvers
  
Shooting M1892 and M1873 French Ordnance Revolvers.

関連