ワルサー TPH


165 
全長 135mm 重量 325g 口径 .22 LR .25 ACP 装弾数 6+1
1968年にドイツのワルサー社が発表した小型の自動拳銃。もともと小柄なPPをベースに、更に全体をシェイプしたもので、重量はPPPPKのほぼ半分となり、機構はPP/PPK同様のストレートブローバックと、ダブルアクショントリガーが組み込まれた。
 コルトのベストポケットやジュニアコルトなどの、いわゆる「ポケットピストル」や「マウスガン」と呼ばれるカテゴリーに属するが、このクラスでコンベンショナル・ダブルアクションは珍しい。同様にDA/SAトリガーを有するカウンターパート的な銃には、イタリアはベレッタ社製のM21ボブキャットがあるが、こちらの登場はTPHから10年以上後の1979年である。

 製造は当時の代理店だったインターアームズ社が行ったが、このインターアームズ製TPHはあまり評判が芳しくなかった。パーツのクリアランスやトリガーの感触が粗雑で、競合する他社のポケットピストルに比べ信頼性に劣ると云われたのだ。
 また、TPH自身に起因する問題もあった。それは余りにも小さなことからくる「バイト(bite/噛み付き)」と呼ばれる現象である。発砲時に高速で後退するスライドとハンマーが、グリップからはみだした人差し指と親指の間の肉をおもいきり「噛む」のだ。
 ふつう、この噛み付きを防止するためにフレーム後部に大きな反り返りが設けられているが、それでも握りを高くすると、手の大きなユーザーでは指の間の肉がはみ出すことがままある。もともと小さなPP/PPKでは特にこうした事故に苛まれるユーザーが続出したようで、銃愛好家からは「ワルサーバイト」というアダ名まで頂戴している。
ワルサー TPH / Walther TPH 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ワルサー社
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




ワルサー社

397
http://www.carl-walther.de/cw.php

ワルサー社、カール・ヴァルター社(独: Walther、Carl Walther GmbH Sportwaffen)はドイツの銃器メーカーである。
ドイツ語での発音は「ヴァルター」、英語での発音は「ウォールサー」が近い。日本ではそれらが混ざった「ワルサー」が定着している。
1886年にカール・ヴァルターとその長男であるフリッツ・ヴァルターが設立した。
1920年代頃から機械式計算機の分野にも進出し、電子計算機が登場する頃まで生産を続けていた。
1993年からはエアソフトガンを含む、玩具を主力製品とするウマレックス社の傘下に入っており、最近ではアメリカのS&W社やマグナムリサーチ社との提携なども話題となっている。
ワルサー wikipedia

特徴

スライド及びバレル等、内部パーツはスチール、フレームはアルミ合金製で、PP/PPK同様のデコッキング /セーフティレバーを持つが、マガジンキャッチはグリップ底部に隠されるようについている。
このサイズでは唯一、リアサイトにウィンテージ(左右)調整が可能なアジャスタブルサイトを持つ。
 TPHは発表されたその年に施行されたケネディ法の関係から輸入販売が難しくなったが、その多くは米軍 特殊部隊SEALやCIA等、特殊任務で小型の拳銃を必要とする公的機関のために輸入されていた。
ワルサー TPH - ハリウッド女優 と 拳銃 


画像

164
161
162
163


動画

 Walther TPH.22
  

 Walther TPH 02
  


関連
OUTBAGS OB-31SC ベルト ガン ホルスター

OUTBAGS OB-31SC ベルト ガン ホルスター
価格:4,980円(税込、送料別)