ローバー R9


146 
全長 132mm 重量 360g 口径 9mmx19 .380ACP 装弾数 6+1
米国 ローバー(Rohrbaugh)社が開発した小型自動拳銃。
 小型拳銃は主に護身用として使用され、これまではVIP等が持つ高価で特殊な形状の銃か、治安の悪い地区に住む低所得層向けの粗製の銃が多かった。しかし、21世紀になりテロの脅威が増すようになると、経済的に余裕のある人々の間でも「自らの手で身を守る」意識が高まり、「やや高価だが性能の良い小型拳銃」という市場が生まれた。ここに向けて作られたのが、R9である。

 このサイズの拳銃ではスペースや射手にかかる反動の問題から、部品数の少ないストレートブローバックと.380ACP以下の低威力の弾薬を用いるが、R9はSIG P210に似たショートリコイルを採用し、より強力な9mm x19を撃てる事をウリにしている。主要なメカニズムは右側面のグリップパネルにまとめられ、分解時も比較的容易に行えるとされる。
 その他、航空機用のアルミ複合材をフレームに採用し、総削り出し加工で製作する等、まさに「高級」な小型拳銃となっている。

 非常に高価だがDAOながらトリガープルは軽く、命中精度も良好とされ、米国では評判が良い。
ローバー R9 / Rohrbaugh R9 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.9x19mmパラベラム弾
2.画像
3.動画
4.関連商品
5.関連




9x19mmパラベラム弾

736

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたDeutsche Waffen und Munitionsfabriken(DWM、ドイツ武器弾薬工業)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。
9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。
現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。
9x19mmパラベラム弾 wikipedia 

画像

143
145
144


動画

 Rohrbaugh R9
  

 Rohrbaugh R9s First Shots
  


関連商品


 

関連