レミントン M1858


 96

全長 337mm 重量 1270g 口径 .44 装弾数 6
1860年から1875年まで、アメリカのレミントン・アームズ社で製造され、南北戦争で活躍したシングルアクション・パーカッション・リボルバー。耐久性に優れ、素早いリロードが可能だったことから、当時の合衆国陸軍で余裕のある者は、支給されていたコルトアーミーよりも好んで本銃を手にした。
 西部劇をはじめとしてスクリーンの中でも活躍し、およそ150年を経た現在も、イタリア製のレプリカモデルが製造され、カウボーイシューティングなどで人気の拳銃となっている。

 コルトのパーカッションリボルバーは前後に分解可能であったが、レミントンのM1858は、シリンダーをまたぐトップストラップによって、銃身からフレームまでを一体とした堅牢なソリッドフレームを構成、優れた耐久性と精度を有していた。また、銃身下のローディングレバーを引き倒すだけで簡単にシリンダーを外すことができたため、弾薬を装填済みのスペアシリンダーを携帯しておけば、再装填も容易かつ迅速に行えた。
 また、シリンダーのニップルにセイフティスロットが彫られ、シリンダーがフル装填のままでも安全に携行することができた。当時、銃器の安全措置は、今と比べるとかなりお粗末なもので、レミントン・リボルバーのこの安全装置は、シンプルではあったが、かなり革新的なものだった。
レミントン M1858 / Remington Model 1858 【回転式拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.レミントン・アームズ
2.画像
3.動画
4.関連
5.関連商品




レミントン・アームズ

142
http://www.remington.com/ 


レミントン・アームズ(英:Remington Arms)はアメリカ合衆国の銃器メーカー。小銃、ショットガン、それらの弾薬を製造する。かつては拳銃でも有名だったが、現在のラインナップでは1911と新製品のR51程度に留まっている。

1816年、創設者であるエリファレット・レミントンが自分用のライフルを作り、それを見た射撃仲間が彼に同様のライフルを作るように依頼したことが始まりとされている。創業時の社名はE・レミントン・アンド・サンズ (E. Remington and Sons.)。レミントンはアメリカ合衆国最古の民間銃器メーカーである。
1896年、スポーツ用品メーカーのマーカス・ハートレー・アンド・パートナーズ (Marcus Hartley and Partners) に買収された。1912年、マーカスの子会社でアメリカ最大手弾薬メーカーのユニオン・メタリック・カートリッジ (Union Metallic Cartridge Company = UMC) と合併し、銃器・弾薬メーカーのレミントンUMC (Remington UMC) となった。
その後も何度も買収され、2007年にサーベラス・キャピタル・マネジメントに買収され現在に至る。 ウィンチェスター社などと並び、アメリカにおける狩猟用ライフルやショットガンの大手であり、現在は狩猟用散弾銃の部門において最も売り上げを伸ばす企業となっている。また、弾薬の開発や生産も行っており、有名な.44マグナム弾はレミントン社がスミス&ウェッソン社と共同開発したものである。 以前は日本で電気シェーバーを発売していたこともある。
レミントン・アームズ wikipedia 

画像

138
139


動画

 Loading The 1858 Remington Percussion Revolver
  

 Shooting the 1858 Remington Revolver
  


関連