ラハティ L-39 対戦車銃


122
ラハティ L-39 対戦車銃(ラハティ L-39 たいせんしゃじゅう:Lahti 39/Lahti m/39(Lahti model 39)は、フィンランド軍が使用した対戦車銃である。
英語圏の国を始めとして、“Lahti”の英語読みから“ラティ”もしくは”ラーティ” と呼ばれることもある。
尚、その長大な外観から、フィンランド兵は“Norsupyssy”(ノルスピッシィ象撃ち銃)のニックネームを付けていた。

L-39は通常2名(射手、観測手兼弾薬手)で運用されたが、しばしば射手のみでも用いられた。銃本体の他、弾倉2個収容の運搬箱を2つ(計、予備弾倉4個、弾薬40発)、整備・分解用工具及び弾倉用装弾装置と予備部品の2つの工具箱、曳航索が標準の付属品とされている。
冬戦争では試作型の2挺が戦闘に投入され、ソ連軍戦闘車両に威力を発揮した。続く継続戦争( 第二次ソ芬戦争)では約1,800挺あまりが生産され、ソ連軍のT-34中戦車やKV-1重戦車に代表される新型戦車相手には力不足でありながらも履帯や燃料タンクを狙った攻撃でそれなりの戦果を挙げている。継続戦争当時は対戦車用途の他に現在の対物ライフル同様、トーチカや機関銃座の狙撃に使用された。
大型で重く反動の大きい本銃は運用面での困難も大きく、標的とする戦車の急速な重装甲化の前に開発当初ほどの威力を示せなかったものの、フィンランド軍の主力対戦車火器の一つとして大いに活躍した。
123
ラハティ L-39 対戦車銃 wikipedia
目次
1.フィンランド国防軍
2.20×138mmB弾
3.特徴
4.アイモ・ラハティ
5.画像
6.動画
7.関連
8.関連商品



フィンランド国防軍

64
http://www.puolustusvoimat.fi/fi/

フィンランド国防軍(フィンランドこくぼうぐん、フィンランド語: Suomen puolustusvoimat, スウェーデン語: Försvarsmakten)は、陸海空の三軍からなる、フィンランドの軍隊。職業軍人16,500人のうち士官が8,700人であり、常備軍として34,700人の成員を持つ。
フィンランドは徴兵制を採用しており、18歳以上の全ての男性に6か月から12か月の兵役を課している。また、多くの訓練された予備役軍人がいる。冷戦終結後、軍事ドクトリンの変化やソ連崩壊の余波での混乱などもあって予備役軍人数は減らされた。
予備役の総数は百万名弱だが、戦時動員で部隊に配備されるのは約35万人。全ての軍は武官である国防軍司令官の指揮下にあり、国防軍司令官は大統領直隷となっている。
フィンランド国防軍 wikipedia 

20×138mmB弾

124

20×138mmB弾とは第二次世界大戦で対戦車ライフルと対空機関砲で使用された20mm口径弾である。

1930年ごろにスイスのゾロトゥルン社において開発された弾薬である。スイスでは対戦車ライフルで採用されたほか、ドイツでは陸軍の機関砲にも採用された。 薬莢の後端が帯状になっているベルテッドケース弾と呼ばれる構造をしている。
20×138mmB弾 wikipedia

特徴

アイモ・ラティ技師が開発した本銃は、第2次世界大戦勃発直後の1939年に開発。同年末に発生した冬戦争では試作型の2挺が実戦投入され、ソビエトの戦闘車両相手に威力を発揮した。
 続く継続戦争でも約1800挺のm/39が投入され、その頃のT34やKV戦車に代表される急進化した戦車相手には力不足の感があったが、それでも極度に不足する戦車や対戦車砲の代用として重宝され、敵攻撃機に対する対空銃としても使われるなど継続戦争終結まで第一線で使われ続けた。
 大戦後、生き残ったm/39は1960年代にアメリカの銃器コレクター向けとして約1000挺が輸出され、残りは対ヘリコプター火器として配備され続けたが、1988年に最後のm/39が配備解除され、その役目を終えた。
ラティ m/39 / Lahti m/39 【対戦車自動小銃】 MEDIAGUN DATABASE 


アイモ・ラハティ


125

アイモ・ヨハンネス・ラハティ(Aimo Johannes Lahti, 1896年4月28日 - 1970年4月19日)は、フィンランド軍の技術将校。20世紀全般にわたりフィンランド軍が使用する重火器の多くを設計、開発している。日本では紹介時の誤表記が定着し通例「ラティ」、または英語読みで「ラーティ」と記述されている。
1922年にフィンランドでの短機関銃のプロトタイプであるスオミ KP/-22、KP/-26を開発。KP/-26はその後改良されフィンランド軍の代表的な短機関銃となったスオミ KP/-31へ発展している。その後ラティはティッカコスキ銃器工廠に対し、KP/-31の製造権を売却、同工廠では約80,000丁ものKP/-31が生産された。
アイモ・ラハティ wikipedia 

画像


118
119
120
121


動画

 20mm L39 LAHTI
  

 Fireing the 20mm lahti Anti tank gun
  


関連
戦車対戦車コンバット(3)

戦車対戦車コンバット(3)
価格:2,700円(税込、送料込)

戦車対戦車コンバット(2)

戦車対戦車コンバット(2)
価格:2,700円(税込、送料込)

戦車対戦車コンバット(1)

戦車対戦車コンバット(1)
価格:2,700円(税込、送料込)

戦闘機対戦車 [ ロイド・ブリッジス ]

戦闘機対戦車 [ ロイド・ブリッジス ]
価格:1,657円(税込、送料込)