マーベリック M88ブルパップ


73 
全長 724mm 重量 4310g 口径 12ゲージ 装弾数 6
元はアメリカのモスバーグ社が1986年に発売したM500のブルパップ化モデル『M500ブルパップ・ショットガン』で、その後マーベリック・アームズ社へと生産が移行され、『マーベリック 88 ブルパップ ライオット・ショットガン』の名称で販売されたという経緯がある。

 1990年代に日本のKHCから、同銃のエアソフトガンが販売されて人気を博したことから、当時からの日本のガンファンの間ではマーベリック M88と言えばブルパップという印象が強いが、マーベリック M88は以前からマーベリック・アームズが生産していたモスバーグM500の廉価版で、もともとスタンダードな構成の散弾銃である。マーベリック・アームズがM500ブルパップ・ショットガンの生産・販売を移譲された際に、自社製品のブランド名に改めたもの。

 元々は警察など治安機関向けに開発され、全長を短くしてパトカーの車内などから迅速に取り出せるようにブルパップ化した銃だった。しかし、隠し持ちやすいので、犯罪者の手に渡れば逆に大きな脅威となる。
 それ故に販路が限られ、また1994年に成立した連邦攻撃武器規制法の規制対象にもなってしまったことから、現在は生産・供給中止となってしまった。

 なお、スタンダードモデルのマーベリック M88は現在も販売中である。
マーベリック M88ブルパップ / Maverick 88 Bullpup 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.12ゲージ
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




12ゲージ

268

12番(12ゲージ・12GA)
口径が1/12ポンドの鉛球に相当する直径18.1ミリの実包を使用するもの。世界的に最も多く用いられている口径。日本国内では一般に許可される実質的に最大口径である(銃刀法上の最大口径は8番)また、クレー射撃公式競技は基本的に12番が使用される。
散弾銃 wikipedia 

特徴

外装にポリマー部品を多用しているだけでなく、キャリングハンドルやコッキングにも使用するフォアグリップ が装着さ れ、M500とは外見がかなり異なっている。ただし、主要なメカニズムはM500の物をそのまま移植 しているので、作動はオーソドックスなポンプアクション。 SPAS12などのようなオートローディング機構は なく、マガジンも交換不可のチューブ式である。また、ショットガンとしては珍しくグリップセーフティが設けら れている。
マーベリック M88 - ハリウッド女優 と 拳銃 


画像

72
74


動画

 Shooting the mossberg 500 bullpup (maverick)
  


関連