ベレッタRx4


63
Rx4 Stormはイタリアのベレッタ社により開発された自動小銃である。

本銃の特徴として、同じベレッタ・グループであるベネリ社の開発したA.R.G.O.(Auto Regulating Gas Operated:ガス圧自動調節)システムの採用が挙げられる。ガスポートを薬室の前方、ハンドガード内に配置するこのシステムにより、従来よりも高熱・高圧そして不純物の少ない発射ガスを次弾装填の為に利用できるようになった。そしてハンドガード内にガスポートを配置するという発想は、銃本体のコンパクト化・軽量化に繋がったとベレッタ社は述べている。2010年初期ごろ、ベレッタ社のグループ企業ベネリ社がRX4をベネリ MR1という形で製造販売し始めた。
65
ベレッタRx4 wikipedia
目次
1.ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ
2.5.56 NATOと.223レミントンの違い
3.特徴
4.画像
5.関連
6.関連商品




ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ

343
http://www.beretta.com/it-it/

ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ(伊: Fabbrica d'Armi Pietro Beretta、ピエトロベレッタ火器工業)はイタリアの大手銃器メーカー。本社はイタリア北部ブレシア郊外のガルドーネ・ヴァル・トロンピア。 現在は拳銃、ライフル銃、短機関銃、散弾銃などの幅広い銃器類を生産している。これらは軍用・警察用・民間用・競技用として世界各国で使用されている。
現在、フィンランドの小銃メーカー、SAKO社とその傘下のティッカ社を買収し、傘下に置いている。

ベレッタ社の設立は公式な記録では1680年であるが、それ以前からベレッタ家は銃器の製造を行っていた。最も古いものでは1526年にヴェネツィアがマエストロ・バルトロメオ・ベレッタ(ここでの「マエストロ」は名前ではなく“親方”の意で敬称)に対しマスケット銃を注文したという記録が同社に保管されている。
ピエトロ・ベレッタ(1791年 – 1853年)はベレッタ社の中興の祖と言われる。ピエトロはベレッタ社の生産設備を近代化し軍用、民間用のマーケットで成功に導いた。
第一次世界大戦中、ピストル不足に悩むイタリア軍からの発注でM1915を開発。これをきっかけにイタリア最大の拳銃メーカーとなる。
1934年にはM1934がイタリア軍の制式拳銃として採用される。第二次世界大戦ではイタリア軍に武器を供給したが、イタリア政府降伏後、一時的にドイツに接収される。終戦後、残った部品を集めM1934の生産を再開した。 1956年のメルボルンオリンピックのクレー射撃でベレッタ社の銃が初めて金メダルを獲得。その後オリンピックや世界選手権で数多くのメダルを勝ち取っている。
1985年にはアメリカ陸軍がコルトM1911A1の後継拳銃に92FM9として制式採用する。
ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ wikipedia

5.56 NATOと.223レミントンの違い


66

西側諸国の軍で使用される5.56 NATO弾は.223レミントン弾と同サイズであるにも関わらず、AR-15など多くの民間モデルで使用できません。それは何故なのか、ざっくりと解説します。

民間で使用される.223レミントンや米軍で使用されていたM193は、どちらも5.56x45mm(口径5.56mm/ケース長45mm)というサイズですが、いずれもNATO弾ではありません。ベルギーのFN社により発展したSS109がNATO規格の弾として採用され、米軍ではこの弾をM855と呼んで使用しています。SS109はM193より重い弾頭を使用し、遠距離での貫通力がより高い性能を持ち合わせています。


特徴

Rx4 Stormはイタリアのベレッタ社により開発された自動小銃である。同社Px4Cx4と共に「Storm」シリーズを構成している。
 シリーズの他の銃と同じく人間工学に基づいた設計であり、射手の体格に応じて調節可能な銃床や、利き手を問わず操作可能なアンビタイプのマガジンリリースボタンなどを持つ。

作動の信頼性の向上はもとより、薬室からガスポートまでの距離が短くなったことで射撃時の排莢・装填動作に必要なボルト後退量も減り、反動が軽減され、銃本体の小型化・軽量化にも一役買っている。
ベレッタ Rx4 “ストーム” / Beretta Rx4 "Storm" 【自動小銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

62
出典:http://worldlydesires.militaryblog.jp/e110497.html

64


関連