バルメ M82


2 
全長 710mm 重量 3.3kg 口径 5.56mm×45 / 7.62mm×39 装弾数 15/30
大半が輸出用としてセミオートオンリーで製造され、1986年の製造中止までにおよそ2000挺ほどが生産された。

 M82は、中国の86式自動歩槍やソ連のOC-14などと同じ手法で、Rk76のレシーバー部をそっくりそのまま後方に移し、ブルパップ化したものである。ストック・グリップ・ハンドガードまでが一体型となったウレタンストックが特徴的で、流線型の未来的な外観をしている。
 また、ダイオプティカルサイトと呼ばれる大型のアイアンサイトを装備しており、目標への素早いサイティングを可能にしている。しかしリアサイトが銃の左側に大きくオフセットされているため、サイトの照準線がバレル軸とあまりにも離れてしまい、ゼロイン距離を超えると極端に命中率が落ちる欠点があった。

   ごく一部がサンプルとして、自国フィンランド軍の空挺部隊に供給されたが、全長の短さや重量については問題なかったものの、銃全体の重量バランスの悪さや、パラシュート降下中に大型のリアサイトが顔に当たって怪我をするなどの問題によって不採用。他にも、排莢孔が右側固定で構えを左右スイッチすることが出来ない、連射しているとバレルの熱がトリガーに直に伝わって過熱する、と評価は決して高くなかった。
バルメ M82 / Valmet M82 【突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.バルメ(ワルメット)
2.特徴
3.画像
4.関連
5.関連商品




バルメ(ワルメット)社

4
http://www.valmetweapons.com/Valmet_Rifles.html


特徴

フィンランドはAK47をはじめ、旧ソ連製兵器を数多く導入していたが、非同盟中立の立場から、政治的に は東西両陣営から距離を置いていた。そのためAK47も、原型こそソ連から導入したものの、その後独自の 発展型を数多く開発・採用することとなった。

 M82もその一つで、中国の86式自動歩槍やソ連のOC-14などと同じ手法で、AKのレシーバー部を そっくりそのまま後方に移し、ブルパップ化したものである。ストック・グリップ・ハンドガードまでが一体型と なったウレタンストックが特徴的で、流線型の未来的なデザインをしている。
 また、ダイオプティカルサイトと呼ばれる大型のオープンサイトを装備しており、目標への素早いサイティング を可能にしている。しかしリアサイトが銃の左側に大きくシフトされているため、サイトの照準線がバレル軸と あまりにも離れてしまい、あらかじめ設定された距離を超えると極端に命中率が落ちる欠点があった。

   肝心の落下傘部隊用としては、全長の短さや重量については問題なかったものの、銃全体の重量バランス の悪さや、パラシュート降下中に大型のリアサイトが顔に当たって怪我をするなどの問題によって不採用。 他にも、排莢孔が右側固定で左利き射手には扱いにくい、連射しているとバレルの熱がトリガーに直に伝わっ て過熱する、と評価は決して高くなかった。

 結局軍には少数が配備されるにとどまり、1986年の製造中止までに2000挺程度しか作られなかった。   86式と同じく、古い設計の銃を無理に仕立て直したのがたたって、ブルパップ型のメリットをのばしきれな かった製品と言える。
バルメ M82 - ハリウッド女優 と 拳銃 


画像

1
3


関連