ネオステッド2000


975 
全長 690mm 重量  3.9kg 口径 12ゲージ 装弾数 6+6
 南アフリカのトルベロ・マニュファクチャラーズ社のアーモリー部門が、2001年より製造しているブルパップ・ポンプアクション式の散弾銃。
 設計は90年代初頭からで、南アフリカの技術者であるトニー・ネオフィートゥ(Tony Neophytou)とウィルモア・ステード(Wilmore Stead)により行われた。ネオステッド(Neostead)の名は、設計者2人の名に由来している。

 デュアルチューブマガジンを採用し、装弾数は片側チューブに6発ずつの計12発である。この構造から、左右のマガジンに異なる弾薬を装填して撃ち分けることもできる。装弾は上部のチューブマガジンを跳ね上げて行い、中折れ式散弾銃のように扱える。また、ポンプアクション操作の作用が通常とは逆で、フォアエンドを前方に押し出すことによって装填・排莢・コッキングが行われる。排莢は後方レシーバー下部より行われる。照準はチューブマガジン上のキャリングハンドルに付けられた大型サイトで行う。
トルベロ ネオステッド2000 / Truvelo Neostead 2000 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.12ゲージ
2.特徴
3.画像
4.動画




12ゲージ

268

12番(12ゲージ・12GA)
口径が1/12ポンドの鉛球に相当する直径18.1ミリの実包を使用するもの。世界的に最も多く用いられている口径。日本国内では一般に許可される実質的に最大口径である(銃刀法上の最大口径は8番)また、クレー射撃公式競技は基本的に12番が使用される。
散弾銃 wikipedia 

特徴

水平二連式の様なデュアルチューブ型のマガジンが特に特徴的で左右のチューブに6発ずつ弾を込める事が可能。排莢はレシーバー下から行われる。民間用の開発も行われているが北米では基本禁止されており、装弾不良や排莢不良も多いため評判は今ひとつだったりする。
AVAれたい日々:51 - えれすんのにょろにょろ日記 ver0.204 - FC2 


画像

976
977


動画

 Shooting a Neostead
 978 
https://www.youtube.com/watch?v=Z9_mQhsuTl4

Neostead Shotgun 13 rounds - NEOSTEAD