MAG-7


973
1995年から1996年まで南アフリカ共和国のテクノアームズ(Techno Arms PTY)社によって製造されていた小型散弾銃。  外見や構成はちょうどウージーをスケールアップしたような格好だが、作動はフォアエンドを前後にスライドさせて給弾するポンプアクションである。マニュアルセフティ(安全装置)はこれもウージー同様グリップの左上に装備されているが、フォアエンドにもロックボタンが備えられており、これを押しながらでないとスライドできない、と二重の安全策が採られている。
 また、標準ではストックレスだが、レシーバー上方に折りたためるリアストック(金属製)を装備することも可能である。

 MAG-7は外見だけでなく、実際にCQBにおける短機関銃の運用のような、接近戦で使用できる散弾銃を目指して開発された。フルサイズの散弾銃や突撃銃では取り回しのしづらい状況、専ら屋内戦や接近戦を念頭に置いている為、より全長を短く出来るようグリップ内に着脱式弾倉を備えている(通常の12ゲージ弾ではグリップが大きくなりすぎる為、専用の切り詰め型を使用する)。有効距離は41.1m(12ゲージ弾使用時)、致死距離は90ヤード(82.3m)。銃身が短いため弾はかなり散ってしまうらしいが、接近戦に限っての使用ならば問題はない。
テクノアームズPTY MAG-7 / Techno Arms PTY MAG-7 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE
目次
1.12ゲージ
2.画像
3.動画
4.関連商品
5.関連



12ゲージ

268

12番(12ゲージ・12GA)
口径が1/12ポンドの鉛球に相当する直径18.1ミリの実包を使用するもの。世界的に最も多く用いられている口径。日本国内では一般に許可される実質的に最大口径である(銃刀法上の最大口径は8番)また、クレー射撃公式競技は基本的に12番が使用される。
散弾銃 wikipedia 


画像


971
974
972


動画

 MAG-7 12 Gauge POLICE Combo.mp4
  


関連商品


 
関連