トーラス PT92


943 
全長 216mm 重量 960g 口径 9mm×19 装弾数 10/15+1
かつてタウルス社は、ベレッタ社から92Fのマガジン等のOEM生産を請け負っていた。契約終了後、ベレッタ社は生産設備をタウルス社に売却。その後タウルス社は、ライセンス生産で培った技術を元に自社ブランドである「PT92」の製造に着手する。

 本家92との外見上の最大の違いは、セイフティレバーをスライド側ではなく、フレーム側に設けている点である。これは、ベレッタ社との最初のライセンス契約の際、フレームセイフティを持つ初期型92を念頭に契約したためである。92はS型以降、スライド上にワルサー P38に類似したデコッキング機能付きのセイフティレバーを設けたが、タウルスは過去に交わした契約に縛られ、スライド後部にセイフティレバーを配置するデザインが採れなかった。
 しかし、その分、ハンマーをコックしたままセイフティをかける「コック&ロック」が可能となっている。現在の本家92はセイフティをかけると自動的にデコッキングされてしまうため、即応性では古いデザインのPT92の方が、かえって有利となっている。
 一方で、安全にハンマーを降ろせるデコッキング機能を要望する声にも応えるため、後期型(PT92 AFD)ではセイフティレバーの配置はそのままに、下に下ろすことでデコッキングできる機能を追加してある。これにより、レバーを上げればロック、水平にすると解除、下げればデコッキングと、状況や射手の好みに応じた選択が可能となっている。また、トリガーガードの形状が、両手で保持した際に添え手の指を掛けやすいスクエアタイプに変更された。

 基本型のPT92の他に、アジャスタブル・リアサイト搭載の「PT99」、.40 S&Wモデルの「PT100」(アジャスタブル・リアサイト搭載モデルは「PT101」)、バレル/スライド/グリップを切り詰めたコンパクトモデル「PT92C」、といったバリエーションが存在する。
 タウルスUSA製のみ、名称が「モデル 92(Model 92)」となっており、装弾数17発対応の「92B-17」がラインナップに加わっている。
タウルス PT92 / Taurus PT92 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.トーラス
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




トーラス

441
http://www.taurusarmas.com.br/pt
ブラジルの銃器メーカー。日本語では「トーラス」「タウラス」とも。  リボルバーはS&W、オートマチックではベレッタとの関係が深く、特にベレッタからライセンスを取得し生産しているPT92やMT12ADなどは、ブラジル軍にも制式採用されている。
 他にもM1911系クローンの生産も手がけるなど『コピー・メーカー』のイメージが強いが、『安かろう悪かろう』では終わらず、様々なアレンジも試みている。
 途上国の企業ということで低く見られがちだが、ブラジル自体の工業力が底上げするにつれ、次第に力をつけてきている。近年では独自設計の新モデルを開発したり、チタン素材を積極的に採用するなど、目を離せない存在となりつつある。
タウルス / Taurus  MEDIAGUN DATABASE

特徴

1980年の契約終了の際、ベレッタ社は全ての設備をタウルスに売却。
ベレッタ生産で培われた技術や人材が改めてタウルスとして動き出します。
これが実を結び現在でも実用面で評価の高いPT-92と99が誕生するのです。

技術、設備もあるタウルス社ですが北米に市場を広げるにはまだ知名度が低く
信頼性も認知されていませんでした。ここで大きな作戦に出ます。84年のショットショーで
業界初の生涯無条件永久保証を打ち出し銃器メーカーに一大センセーションを巻き起こします。
ここからアメリカ市場での大躍進が始まるのです。

PT92はベレッタM92の基本性能や機構を継承しつつセーフティーのフレーム側移動やデコック機能など 人間工学や安全性なども視野に入れた派生では無くまさに進化系です。
ベレッタ製品生産で培ったノウハウと信頼性、これに手ごろな価格が加われば ユーザーが飛びつかないはずはありません。
タウルス社の基盤を磐石にしたもの、それがPT92と言っても過言ではないと思います。
TAURUS PT92 

射撃に関する本家ベレッタとの違いは、まずはダブル・アクションのトリガープルに違いが見られる。
 ベレッタM92が約7kgであるに対し、トーラスPT92は約5kgと軽い。
 ベレッタと比べてスライドやフレーム、バレルの噛み合わせがルーズで、ベレッタM92よりも命中精度が低い。しかし、トリガープルが軽く、ベレッタよりもスムーズに射撃が可能である。且つ、マルファンクションの傾向も見られない。

 価格に関して云えば、ベレッタM92が700ドルであるのに対し、トーラスPT92が520ドルと、200ドル近い差がある。価格的には、トーラスが断然有利である。
 現実を見ると、トーラスを選ぶ人はいるのだろうか? 何よりベレッタは知名度が高い有名ブランドだ。米軍が採用し、映画にも頻繁に登場するため、ブランド志向で成り立っている現実を見ると、トーラス社にとって向かい風になっている事実には間違いない。
 しかし、功利主義者も確かに存在する。そういった人間なら、間違いなくトーラスPT92を選ぶだろう。
トーラス PT92 ~個性豊かなブラジル産ベレッタ~ Guns & Minds 


画像

939
940
942
941


動画

 Outdoor review: Taurus PT 92 AF 9mm+explosion
  

 Taurus PT92 Review.. An M9 done right?
  


関連