ステアー GB


926 
全長 216mm 重量 845g 口径 9mm×19 装弾数 18+1
1970年代、オーストリア軍は老朽化したワルサー P38の代わりとなる自動拳銃の開発を、ステアー・ダイムラー・プッハ(現ステアー・マンリッヒャー)社に依頼。ロガック P-18の失敗を糧にして、1981年に完成したのがGB(Gas Bremse,英:Gas Brake)である。
 スライド先端内部とバレル外面をガスチャンバーとして利用する、ガス圧ロック方式を採用している。そのためポリゴナルバレルはフレームに固定されており、ショートリコイル方式に比べ精度が高い。それだけでなく、ガス圧ロック方式では部品数を少なくできるため、信頼性も高い。他にも、トリガー周りにポリマー素材を使用するなど先進的な技術を導入している。ダブルカラムによる装弾数18発の大容量と、フレームが単純なプレス加工品で作られているため、大量生産に向いているのが売り。
 しかし、1983年に行われたオーストリア軍の軍用ピストル選定ではグロック 17に破れ、結局1988年には製造中止、営業的にみて成功作とはいえなかった。
 ちなみに、ロガック(ローギャック) P-18というのはアメリカで生産されていた拳銃。外見・機構はGBと酷似しているが、ロストワックス製法のステンレス製で、品質はきわめて粗悪。いくらも撃たないうちにあちこちでガタが生じ、試射したレポーターが頭に来て地面に叩きつけたとさえ伝えられる。
 詳細は不明ながら、システムの開発者がパテントを売却する際にトラブルがあり、類似しながら全く別の拳銃が生産されることになってしまったと言われている。
ステアー GB / Steyr GB 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ステアー
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




ステアー

103
 https://www.steyr-mannlicher.com/
ステアーことシュタイヤー・マンリヒャー(Steyr Mannlicher GmbH & KG)はオーストリア(オーストリー)の銃器メーカーである。

ヨーゼフ・ヴェアンドルが1864年に設立した銃器工場を元として、後の1926年にシュタイヤー=ヴェアク(Steyr-Werke AG)、1934年にシュタイヤー=ダイムラー=プフ社(Steyr-Daimler-Puch AG)となるグループの武器開発生産部門で、グロック社と並ぶオーストリアの代表的銃器メーカーである。 1889年に創立者のヨーゼフ・ヴェアンドル亡き後、会社はフェルディナンド・リッター率いるシステム=マンリヒャー社により合併され、シュタイヤー・マンリヒャー社が誕生する。

1977年に同社の主力製品となるブルパップ・アサルトライフル「AUG」が完成し、同年オーストリア軍に「STG77」の名称で制式採用された。AUGはその性能の高さからオーストリアだけではなくオーストラリアやニュージーランドでも使用されることになった。

また競技銃の分野でも優れた製品を生産し、特にエアピストルでは内外で高い評価を得ている。 シュタイヤー社は現在、拳銃から軍用ライフルまでを製造する総合銃器産業として世界規模で商業展開を行なっている。
ステアー wikipedia

特徴

1970年代にステアー社が開発した大型自動拳銃。18発の装弾数に加え、トリガー周りにポリカーボネイト素材を使用したり、プレス加工を多用した生産性に優れる構造が特徴的である。軍や警察向きに売り込まれたがオーストリア軍制式拳銃コンペではグロック17に敗れ、主に警察で使用された。近年は同じオーストリアのグロック社製品に押され、ステアーGBは同社ラインナップから消滅している。
ステアー モデルG.B. 銃ブログ ~TRIGGER☆HAPPY~ 


画像

925
927
924


動画

 Shooting: Steyr GB - a quality Austrian 9mm
  

 Steyr GB (9x19mm) (#1)
  


関連