コルト CM901


887 
全長 870(952)mm 重量 4.26kg 口径 5.56mm×45 6.8mm×43 SPC 7.62mm×39 7.62mm×51 装弾数 10/20/30
CM(Colt Modular)901はコルト社が開発した次世代ライフルであり、複数の口径に対応しているなどモジュラーウェポンシステムの特徴を備えている。

 ガス直噴式など基本的な点はM16/M4がベースとなっているが、CM901はツール無しでの部品の交換により、7.62mm×51弾といった大口径の弾薬が使用可能となる。既存のM16シリーズのプラットフォームでは5.56mm×45弾以外は使用できないので、この点はCM901の最大の特徴である。また、従来のM16のレシーバーに換装することもできる。

 強度を高めるためアッパーレシーバーはハンドガードと一体型となり、レシーバー上部にはフルレンジのマウントレールが搭載されている。銃身はフリーフロート設計で、様々な長さの物と交換が可能。セミ/フル切替えセレクター、ボルトリリース、マガジンリリースといった操作類は全てアンビ対応。バックアップ用のフリップアップサイトも標準装備している。
 本体カラーは、マットブラック、デザートブラウン、デジタルカモフラージュ、ビスタカモフラージュ(森林迷彩のようなもの)など。

 民間モデルの「SP901」はセミオートオンリーとなる。
コルト CM901 / Colt CM901 【自動小銃・突撃銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.コルト・ファイヤーアームズ
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




コルト・ファイヤーアームズ

59
 
コルト・ファイヤーアームズ(英: Colt Firearms、通称コルト)は、世界初のシングルアクションリボルバーを発明した陸軍大佐サミュエル・コルト(1814年7月19日 - 1862年1月10日)の興したアメリカ合衆国の銃器メーカー。創業は1836年。当初の社名は「Colt Patent Firearms」(コルト特許火器)。

コルト社は拳銃のほかに有名なM16M4カービンなどを生産しており、同じアメリカの銃器メーカーであるスミス&ウェッソン社とはライバル関係にある。
コルト・ファイヤーアームズ wikipedia 

特徴

本家開発元メーカーのCOLT社によると、この Colt CM901 は 特に大きな操作なく、ユーザーレベルでアッパー・レシーバーグループの取り替えによって、口径を 5.56mm から 7.62 x 51mm NATO に変更することが可能とし、大きな特徴の1つと同時に、最大のセールスポイントとしてアピールしている。

そして気になるその構造については、極めて単純なものとしており、専用工具はもちろん一般的な工具を必要とせず、またガンスミスのような専門知識や経験を持ち合わせる必要も無く、ピボットピンに手を付けるだけで簡単にテイクダウンがこなえることを強調している。

こうしたシンプル構造と簡単操作によって、5.56mm CQBサイズのショートモデルから一気に7.62mm x 51mm NATO のロングレンジでの射撃に有効なフルサイズモデルへと素早く取り替えが可能となる。また、既にアッパーレシーバーやハンドガードレールに取り付けられたオプティクスなどのアイテムがゼロイン調整のまま使えるという利点もある。
米陸軍の自動小銃調達案件に、コルト社からはCM901を提案 ミリタリーブログ 

コルトモジュラーカービン(CMC)モデルCM901は、アフガニスタンやイラクといった戦場にフォーカスを移したアメリカ陸軍の要望を満たすもので、AR系ライフルの操作系を継承し、一般的な兵士誰もがスムーズに移行できることを主眼として開発されました。
最大の特徴であるモジュラーレシーバーシステムにより、7.62mmNATO, 5.56mmNATO以外にも6.8mmSPCや6.5mmグレンデルといった多様な弾薬に対応できるようになります。

アッパーレシーバーは旧来の5.56mmのM16系のものや、LE6940のような一体型レシーバーを使用可能で、バレル長の選択肢が幅広い。動作方式についても従来のリュングマン方式のほかに、Colt APCで採用されたガスピストン方式にも対応している(Colt SCWのようなバッファチューブが短いタイプのものは不明)。つまりあらゆるコルト社互換の5.56mmアッパーを使用することが可能となっています。

7.62mmの場合のマガジンはマグプル社のものやSR25・M100のものを利用できます。動作方式はリュングマン方式をデフォルトに、ガスピストン方式とのハイブリッドのものを開発中とのこと。また、ストックやトリガーグループなどのアフターパーツも旧ARのものを利用可能だそうです。

CM901と交換用アッパーレシーバー。レールの形状やバレルの口径・長さなど様々なバリエーションから任務にあわせたものを持ち運ぶことができる。交換に工具は一切必要ない。
モジュラーレシーバーシステムを採用したコルト社の新型自動小銃「CM901」がデビュー間近 Daily News Agency 


画像

886
889
888


動画

 New Colt Rifles; CM901
  

 Shot Show 2011 - Colt CM901 Tactical Rifle
  

 Colt CM901 Modular Battle Rifle
  


関連