グンツ GA9


883

アメリカ カリフォルニア州ノースハリウッドにあった、グンツ社開発の大型拳銃。
 L型ボルトを備えており、サイズやストレートブローバック(クローズドボルト)の作動方式から見ても、拳銃というよりはウージーピストルなどと同じ、SMG(短機関銃)のセミオート版といった性格の銃。
 しかし、ウージーピストルやKG-9などと同じく、SMGとしては小型でも、拳銃としては大きすぎて持て余し、セミオート仕様なのでSMGの火力もない、中途半端な性格の銃となってしまった。また、フルオート改造されて「貧者のSMG」として悪用される危険もある。
 なお、GA-9は9mmパラベラム仕様の長銃身型の型番で、短銃身型のGS-9や、カービンモデルのGC-9、口径では.45ACP仕様のGA-4、.30マウザーのGA-3などもラインナップされたようだが、いずれも少数の生産で終わっている。
 また、スクリーンに登場するのはほとんどがフルオート射撃のSMGモデルだが、SMG/フルオート仕様のモデルは、公式にはアナウンスが確認できない。プロップガンとしてフルオート改造された銃の可能性が高いようだ。

 結構積極的に売り込んでいたのかハリウッド映画にも数作出演しているが、結局、市場では成功することなく、短期間(1984~90年)の製造で姿を消した。製造元のグンツは、1991年にラスベガスで『グンツ ハイテック(Goncz Hi-tech)』として再建。フラッシュライトや医療用具の製造にも乗り出し再起を図ったが、近年、再度倒産した模様で、サイトも既に閉鎖されている。
グンツ GA9/Goncz High-Tech GA9 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.テレスコーピング・ボルト(L字型ボルト)
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




テレスコーピング・ボルト(L字型ボルト)

885

テレスコーピング・ボルト(英:Telescoping bolt)とはサブマシンガンの機構の1つで、「オーバーライディング・ボルト」や「L字型ボルト」とも呼ばれる。
1948年にチェコスロバキアで開発されたSa.23シリーズで最初に採用された。代表的なテレスコーピング・ボルト機構を採用したサブマシンガンとして、ウージーイングラムM10が挙げられる。
それまでのサブマシンガンは銃砲身とボルトが繋がるような構造をしていたのに対し、テレスコーピング・ボルトではボルトを銃身よりも大きく設計してくぼみを造り、そのくぼみに銃砲身を挿入することによって、銃の全長を短縮することが可能になった。このため、テレスコーピング・ボルトを採用したサブマシンガンは一見すると銃砲身が短くなったように見えるが、実際にはそれまでのサブマシンガンと長さが変わらないという利点がある。
また、ボルトの内部に銃砲身の一部が収まったことによって、ボルトの重量が銃の前側に来るため、弾丸を発射した時に銃の跳ね上がりを(ボルトの重量で)相殺するという利点もある。
テレスコーピング・ボルトを採用したサブマシンガンは銃砲身がボルトの内部に入るため、弾倉をトリガーの前側に装着する必要が無く、多くの場合はグリップの下側に挿入する形態を採る。
テレスコーピング・ボルト wikipedia 

特徴

GA9 グンツ社が開発した大型拳銃。L型ボルトを備えており、サイズやストレートブローバックの作動方式から見ても、拳銃というよりはウージーピストルなどと同じ、SMGのセミオート版といった性格の銃
twi動画 GA9 グンツ社が開... 


画像

883
884


動画

 Claridge Hi-Tec L9 pistol review part 1
  

 Claridge Hi-Tec pistol review part 2
  


関連