ウィンチェスター M1887



全長 1120mm 重量 3.6kg 口径 10ゲージ 12ゲージ 装弾数 5
1887年に登場したウィンチェスター社製のレバーアクション式散弾銃。散弾銃といえば水平二連式が当たり前だった時代、当時としてはオーソドックスなレバーアクションの採用と、倍以上の装弾数とあって、発表当時は多くの注目を浴びた。
 設計はかの名工ジョン・M・ブローニングによる。当初はポンプアクション式のレピーター散弾銃として設計が進められていたが、レバーアクションライフルで成功を収めてきたウィンチェスター社が、レバーアクション式とすることを指示したと言われる。
 結果としてM1887は、大柄なショットガン弾薬と、レバーアクションとの相性の悪さにより、手入れを怠るとすぐにジャムを起こすなど、ブローニング設計としては不出来な銃として評価されることとなった(もっとも、燃えかすが残りやすい黒色火薬時代の銃なので、その点のハンデはあったかもしれない)。1901年にM1901ショットガンが完成すると、生産も中止されている。
 なお弾の装填・排莢は、現在一般的な『下装填・右排莢』ではなく、『上(後方)装填・排莢』である。再装填も、『中折れしない上下2連のショットガン』に弾込めするような感じで、これもあまり洗練された物ではない。
ウィンチェスター M1887 / Winchester Model 1887 【散弾銃】 MEDIAGUN DATABASE
目次
1.レバーアクション
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




レバーアクション

541
その名のとおり、トリガーガードと一体になったメリケンサック状のレバー(ループ・レバー)を前後にひねって、弾薬の装填・排莢を行う作動方式。レバーを前にひねると排莢し、後ろに戻すと次弾が装填される。
 ウィンチェスターをはじめ、主として旧型のライフルに用いられた作動方式だが、M1887など一部の散弾銃にも応用されている。もっとも散弾銃の場合、大型の12ゲージなどとは相性が悪く、.410ゲージ程度が実用的な限度のようだ。

 代表的なウィンチェスター M1873の場合、内部にルガー P08のトグル(尺取り虫)を上下逆さまにしたような機構が組み込まれており、レバーを操作するとトグルが折れ曲がって空薬莢を引っ張り出す。P08をひっくり返して、トグルを手動で操作する様子を思い浮かべるとわかりやすい。
 シンプルなレバー操作のため比較的連射が行いやすく、ポンプアクションと比べてフォアエンドが動かないので、しっかりと肩付けしたままでアクションを行える。
 アメリカの西部開拓時代には狩猟用、自衛用などに広く愛用されたが、当初は拳銃弾など威力・射程の低い弾薬しか使用できなかったため、軍用としてはあまり成功しなかった。その後改良され、強力なライフル弾を使用できるレバーアクション銃も登場したが、その頃には新世代のボルトアクションライフルが台頭し始めており、発展の限界に達しつつあったレバーアクションは次第に衰退していった。
 現在でも根強い愛好家はいるものの、基本的には19世紀からほとんど変化が無く、既に歴史的な存在と言える。
レバーアクション / Lever Action MEDIAGUN DATABASE 

特徴

バリエーションとしては無煙火薬に対応させたウィンチェスターM1901(10ゲージのみ)が存在するが、このころにはポンプアクション式ショットガンが大成功しており、ウィンチェスター社も大々的にこの発展型を販売する気は無かったようである。

 創作では何と言ってもターミネーター2で登場したことが有名であろう。アーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800が、ソードオフモデルのウィンチェスターM1887をバイクに乗ったまま発砲し、片手でスピンコックしてリロードするシーンは視聴者に強烈な印象を残し、ウィンチェスターM1887の人気に火を付けたと言われる。これ以外にも、FPSゲームのCoD:MW2、CoD:MW3などで登場し、プレイヤーはこの銃を使用することができる。

 エアソフトガンとしてはマルシンがフルサイズをM1887・ガーズガン、ターミネーター2で登場したソードオフモデルをM1887・ショートとして販売している。マルシン独自の8mmBB弾を装填するカートリッジを使用するため、微妙に手を出しづらい。2013年現在では入手は困難である。なお、スピンコックによるリロードは出来なくはないが、耐久性の面から推奨されないとか。
ウィンチェスターM1887 ニコニコ大百科 


画像

861
862
863


動画

 Winchester 1887 Leveraction Bootleg Shotgun
  

 Chiappa 1887 Lever Action Shotgun
  


関連