MP-443 “グラッチ”


853 
全長 198mm 重量 950g 口径 9mm×19 装弾数 17/18+1
ロシア政府からの要請で、イジェフスクのイジェメック(イジェフスキー・メカニチェスキー・サボドの略。現バイカル社)が開発したロシア軍の新型制式拳銃。 「グラッチとは開発中の仮名称で、ミヤマガラスという烏の一種のこと。ロシア国内ではマカロフなどと同じく、設計者の名をとって「ヤリギン拳銃 (PYa / Pistolet Yarygina;ピストレット ヤリギナ)」と呼ばれている。現在は一部が連邦保安庁(FSB)、警察や内務省(MVD)の特殊部隊にも配備が開始されているようだ。
 冷戦終結後の旧ソ連の体制崩壊と自由化後、それまでのソ連軍に変わる新生ロシア軍は、従来の制式拳銃弾薬9mm×18を、NATOとの互換性がある9mm×19に変更した。それに伴って開発・設計されたのがこの銃である。

 オーソドックスで信頼性の高いコンベンショナル・ダブルアクションのトリガーを備え、マニュアルセイフティはデコック機能は無いものの、アンビでコック&ロックも可能だ。暴発を防ぐAFPBも備え、材質も軽合金や新素材は用いず、スライド、グリップフレームともスチール製と、極めて堅実(保守的)な造り。マガジン容量が18発(初期型は17発)と、同クラスの拳銃と比べてやや多いのも特徴である。
 一方、寒冷地ロシアらしい一工夫もある。一見するとハンマーレスに見えるが、スライドの両サイドが後方に伸びて露出式ハンマーを覆っている。これはトカレフ以来の伝統で、分厚い防寒具の中から取り出す時でもハンマーが引っかからないようにするためだ。

メーカー側では銃器の見本市などで世界中の公的機関、特にヨーロッパの公的機関などに対して、かなり積極的な売り込みを掛けているようだ。ロシアが拳銃を自軍向けの『兵器』ではなく、海外・民間にも販売する『商品』として意識し始めた証とも言える。
イジェメック MP-443 “グラッチ”/ ИМЗ MP-443 Грач(Grach) 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ミヤマガラス
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連
6.関連商品




ミヤマガラス

857

ミヤマガラス(深山烏、深山鴉、Corvus frugilegus)は、鳥綱スズメ目カラス科カラス属の1種である。

ユーラシア大陸中緯度地方。
日本では、越冬のため飛来する冬鳥で、かつては本州西部と、特に九州に飛来したが、現在はほぼ全国に飛来する。
ニュージーランドにもかつてイギリスからの移民によって、害虫駆除の目的で持ち込まれ帰化している。
ミヤマガラス wikipedia 

特徴

MP-443グラッチは、ロシア自由化後に従来のマカロフ弾(9㎜×18)ではなく、威力の高いNATO正式採用の9㎜×19弾を採用した画期的な拳銃だ。旧社会主義国家が次々とNATOに参加したのだが、ロシアは結局NATO参加を承認されなかった。NATO弾と互換性があるのだが、この拳銃はロシアの伝統といってもいいが、プラスチックではなくスチール製である。

このロシア正式採用大型軍用ピストルMP-443はユーロ・サトリ2004でも発表された。ヤルギン(又はヤルイギン)拳銃とも呼ばれ今までは極秘といわれていた。
MP-443 グラッチ/ヤリギンPYa SPETSNAZ-BIBLE 


画像

854
856
855


動画

 Стрельба из пистолета Ярыгина ПЯ МР-443 "Грач" и АК-74
  


関連