ストレイヤーヴォイト インフィニティ


731
SVが供給するインフィニティのフレームには、シングルカラムの「トラディショナル・フレーム」と、ダブルカラムの「コンペティション・フレーム」の二種がある。両フレームにみられる、インフィニティシリーズを特徴付けるスライド前端まで延長されたダストカバーは、"IED(インフィニティ・エクステンデッド・ダストカバー)"と名付けられ、SVの経営者であるサンディ・ストレイヤーが、最大手のカスタムメーカーである「STI」に在籍した時代にデザインしたものである。なお、STIは同様のダストカバーデザインの「エッジ」を、1997年に発売しており、現在も多くのIPSCシューターに供給している。
 トラディショナル・フレームは、IED等を除けば、その名のとおり従来の1911フレームである。いっぽうコンペティション・フレームは、STI時代にストレイヤーがデザインした、独特のダブルカラムフレームで、スチール製フレームとポリマー製のグリップ/トリガーガードを組み合わせたものだ。射手のオーダーに応じて様々な組み合わせが可能で、カスタム性に富んでいる。ちなみにトリガーグループはグリップ側に組み込まれているため、交換は容易。同様のダブルカラムフレームをSTIも供給しており、SVもSTIからパーツの供給を受けているとか。
 トリガーやハンマーの形状も特徴的で、何やらおもちゃのピースを組み合わせたようにみえる。SVがインターロッキング・トリガー・システムと名付けたこの仕組みにより、パーツを組み替えるだけで、ストロークなどを変更することが可能である。トリガーグループだけでも15種類、ハンマーも約10種類が用意されている。

 インフィニティのスライドは、オーダーによって(もしくは購入者自身の手で)各種後加工を施すことが前提のため、素の状態ではセレーションはおろか、サイトカットも「INFINITY」のロゴ以外なにも施されない。これらは注文時にリクエストすれば問題ない(日本に住んでいる限り全く関係ないが)。
ストレイヤーヴォイト インフィニティ / Strayer Voigt Infinity 【自動拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 
目次
1.ストレイヤー・ヴォイト(現インフィニティ・ファイアアームズ)
2.画像
3.動画
4.関連
5.関連商品




ストレイヤー・ヴォイト(現インフィニティ・ファイアアームズ

733
http://www.infinityfirearms.com/
インフィニティ・ファイア・アームズ社は、以前はストレイヤー・ヴォイト社という社名であった。
 銃器業界に足を踏み入れる前は、医療機器を製造していたサンディ・ストレイヤー氏と、IPSCシューターとして名を馳せていたマイク・ヴォイド氏と共同経営していた。しばらくして、サンディ・ストレイヤー氏の個人経営となった。

 会社ではCNCマシンが10台ほど、従業員は社長やパートを含めて、五、六人という小さな会社である。会社を大々的に広告しているわけではなく、IPSC関係の雑誌に小さく掲載されている程度だ。
 よって、アメリカでの知名度はそれほど高くはなく、逆に、日本のウエスタンアームズ社から、ストレイヤー・ヴォイトの遊戯銃が発売されている分、日本国内のほうが知名度は高い。

 ストレイヤー氏は一時期、同系列のレースガンを手掛ける、テキサス州オースチンにあるSTI社で働いていた。  しかし、STI社を退職し、ストレイヤー・ヴォイト社(現インフィニティ・ファイア・アームズ社)を立ち上げた。人間関係などの複雑な紆余曲折があったのだそうだ。
インフィニティ・ファイア・アームズ社(ストレイヤー・ヴォイト) ~異端のガンスミス~ Guns & Minds 

画像

732
730
729


動画

 First Shots: SVI Strayer Voight Infinity
  

 PG - Strayer-Voight 40 cal..mpg
  

 SVI Infinity .40 - New Gear - TacticalProjects
  

 SVI INFINITY .40 s&w
  


関連