ルイス軽機関銃


643
ルイス軽機関銃(ルイスけいきかんじゅう、英語: Lewis Gun)とは、主に第一次世界大戦期にイギリスで生産された軽機関銃である。連合国側で広く使用されたほか、第二次世界大戦でも一部で使用された。標準弾薬は.303ブリティッシュ弾(7.7mm)。

複雑な送弾機構や、露出している弾倉下部のせいで汚れに対して弱く、後の軽機関銃に比較すると信頼性は低いとも評価されるが、アメリカのM1909ベネット・メルシェ軽機関銃(英語版)やフランスのショーシャ軽機関銃など、同時期における各国の制式軽機関銃に比較すれば信頼性は遙かに高かった。軽量であることも評価され、第一次世界大戦中にはイギリス陸軍で使用されたほか、フランス陸軍やアメリカ陸軍でも採用され、ロシア帝国軍も6,000挺近くを購入したことが記録されている。
644
ルイス軽機関銃 wikipedia
目次
1.バーミンガム・スモール・アームズ
2.303ブリティッシュ弾
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連
7.関連商品



バーミンガム・スモール・アームズ
バーミンガム・スモール・アームズ(Birmingham Small Arms Trade Association、BSA)はイギリスにかつて存在した小銃、自転車、オートバイ、自動車のメーカーである。
バーミンガムは高性能な小銃の産地として知られていた。BSAは元々そこで結成された組合である。20世紀に入ってからオートバイ製造に参入し一時は世界最大のオートバイメーカーであった。
バーミンガム・スモール・アームズ wikipedia 


303ブリティッシュ弾

527

.303ブリティッシュ弾(303ブリティッシュだん)または7.7×56mmRまたは7.7x56Rmmは、最初は1888年にリー・メトフォード小銃用の黒色火薬を使用する実包として、次にリー・エンフィールド小銃用の無煙火薬を使用する実包として、イギリスで開発された、.311インチ口径のライフル、カービン、機関銃用の実包である。 1889年から、7.62×51mm NATO弾と置き換えられた1950年代まで、イギリスとイギリス連邦の標準軍用実包であった。
.303ブリティッシュ弾 wikipedia 

特徴

第一次大戦前、アメリカのサミュエル・マクリーンの設計を元に、当時のアメリカ陸軍大佐アイザックN.ルイスが開発した軽機関銃。

独特の空冷機構による太いバレルジャケットやフラットパン(平鍋)と呼ばれるドラムマガジンが特徴的。陣地に据える重機関銃が主流の当時、比較的軽量な当銃は歓迎されたが、放熱装置・発射機構が脆弱なため、発砲時に故障することが多かったという。この冷却ジャケットは、そもそも冷却効果があるのか自体疑問視されていたもので、ジャケットなしで車両の機銃として使われたルイスも、砂漠での運用ですら特に問題とはならなかった。航空機用の機銃として搭載されたものを始め、ほとんどのルイスはジャケットが廃止されていき、結局、ジャケットつきのまま使用され続けたのは、当時のイギリス海軍の艦艇に備えられた対空用のルイスのみであった。
BSA ルイス MkI / Lewis MkI 【軽機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

640
641
642
639


動画


 Lewis Light Machine Gun
  

 Shooting the Lewis Gun
  


関連
  • 準備中…
コンバット!DVDコレクション NO.1 創刊号

コンバット!DVDコレクション NO.1 創刊号
価格:990円(税込、送料別)