Kord重機関銃


592
Kord重機関銃(Kordじゅうきかんじゅう、ロシア語: Пулемёт «Корд»:Ковровские ОРужейники Дегтярёвцыの略称)は、1998年にロシアが制式採用した口径12.7mmの重機関銃である。

ソビエト連邦時代にはNSV重機関銃が車載用の12.7mm重機関銃として使用されており、その生産工場はカザフ・ソビエト社会主義共和国に存在していた。1991年のソ連崩壊でカザフがカザフスタンとして独立すると、ロシアに対するNSV重機関銃やその部品の供給が滞り、稼働率を維持できなくなってしまった。
これに対処するため、ロシアのデグチャリョフ設計局は、新型の歩兵支援・車載・対空用12.7mm重機関銃の設計を行い、1998年に制式採用された。
Kord重機関銃の外見は前任のNSV重機関銃に似ているが、ボルトのロッキング機構が垂直ティルト式からロテイティング式に変更されたりガス圧作動機構が変更されるなど内部構造が大きく変わっているほか、反動軽減用のマズルブレーキが装着されているのが外見上の大きな特徴である。
595
Kord重機関銃 wikipedia
目次
1.カザフ・ソビエト社会主義共和国
2.12.7x108mm弾
3.特徴
4.画像
5.動画
6.関連




カザフ・ソビエト社会主義共和国

590

カザフ・ソビエト社会主義共和国(カザフ・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく)は、ソビエト社会主義共和国連邦の構成共和国の1つ。1991年12月16日、カザフスタン共和国として独立した。
カザフ・ソビエト社会主義共和国 wikipedia 

12.7x108mm弾

591

12.7x108mm弾は重機関銃および対物ライフル用の弾薬である。本弾薬はかつてのソビエト連邦、ワルシャワ条約機構の加盟国、現代のロシア連邦、また他の各国により採用されている。
この弾薬はNATOの12.7x99mm NATO弾と同様の用途に投入された。弾頭形状および重量の2点が異なるほか、12.7x108mm弾の薬莢はわずかに長く厚いものであり、このためやや異なった数種類の装薬の充填が許容されている。戦場での12.7x108mm弾は、幅広い種類の目標との交戦に用いられ、非装甲の車輌の撃破や軽装甲車両を貫通するなどの損害を与えた。
12.7x108mm弾 wikipedia 

特徴

操作方法や外観はNSVと似ているが、内部機構は大幅に変更され、またマズルブレーキを備えているのも特徴。このため、反動はNSVより大幅に軽減され、射手がスリングに吊るして腰だめで立射できるほど軽減されている。
 歩兵用の6P58や6P60などは通常、銃架に据えての運用となるが、同クラスのブローニング M2と違いピストルグリップとスケルトンストック、バイポッドを備えた6P57(上掲写真)をそのまま銃架に据えているため、銃架から外しても二脚を用いて運用することが可能となっている。
 車載用モデルは電気式トリガーで、ケーブルを車両側に設けたトリガーに接続すること発砲できる仕組みになっている。これはNSVと同様の仕様である。

 1998年からロシア軍で制式採用され、NSV重機関銃と交代が進んでいる。
ZID(V.A.デグチャレフ設計局) KORD / ЗИД Корд 【重機関銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

594
593


動画

 Russian Kord
  

 NEW-2009 Kord 12.7 mm Russian HEAVY MACHINE-GUN
  


関連