フィアット レベリM1914重機関銃


528
フィアット レベリM1914重機関銃(フィアット レベリM1914じゅうきかんじゅう)は、1914年にイタリア陸軍で採用された重機関銃である。

新型機関銃の設計図はフィアット社に譲渡され、フィアット レベリM1914重機関銃としてイタリア軍に制式採用された。レベリM1914はイタリアで初めて量産された機関銃である。
一見したところイギリスのマキシム機関銃やヴィッカース機関銃によく似ているが、レベリM1914はそれらの機関銃とは全く別の機構で作られている。レベリM1914の特徴としては、作動方式に銃身後退を伴う遅延式のブローバック機構を使用し、給弾については機関部左側面に設けられた装填架にカルカノM1891小銃の5発入りクリップを10個並べ装填する(後に20個に変更)という珍しい方式を採用している。
532
フィアット レベリM1914重機関銃 wikipedia
目次
1.フィアット
2.画像
3.関連




フィアット

533
http://www.fcagroup.com/en-US/Pages/home.aspx?redirectFromFiatspa=1
フィアット(伊: FIAT S.p.A.)は、イタリア・トリノを拠点とする同国最大の企業グループ。現在は、持株会社であるフィアット・クライスラー(英: Fiat Chrysler Automobiles)の一部門を構成する。

社名のFIATとはFabbrica Italiana Automobili Torinoの頭文字を取ったものである。「トリノのイタリア自動車製造所」の意味。トリノ市のリンゴット地区に本拠を置くことから、フィアット本社工場と「リンゴット」はしばしば同義とされる。
「フィアット、陸に、海に、空に」のスローガンの元、自動車のみならず、鉄道車両や船舶、航空機の製造などの産業分野全般を掌握し、出版、金融等にも進出している。かつては「フランスはルノーを持っているが、フィアットはイタリアを持っている」とまで評された。イタリア証券取引所に株式を上場している。2007年までニューヨーク証券取引所(コード:FIA)にも上場していた。
フィアット wikipedia 

画像

531
530
529


関連