マニューリン MR73


468
マニューリン MR 73(英語:Manurhin MR 73)は、フランスのマニューリン社が1973年に開発した、警察などの法執行機関向けダブルアクション回転式拳銃である。

フランスでは、国家警察や国家憲兵隊に採用され、国家憲兵隊治安介入部隊ではシンボル的存在になっている。オーストリアでは、1980年-1990年の間警察の特殊部隊コブラが使用した。
471
マニューリン MR 73 wikipedia
目次
1.マニューリン社
2.特徴
3.画像
4.動画
5.関連



マニューリン社

472
http://www.chapuis-armes.com/26-manurhin 

フランスの拳銃と言えば、MASとかMABなどの自動拳銃がまず頭に浮かびますが、意外にリボルバーが評価されているのです。それは、マニューリン社が一連のダブルアクション(DA)リボルバーを発売し、それが警察や特殊部隊によって使われているからでしょう。また、その精度の高さが評価されて、射撃競技にも使われているのがマニューリンのリボルバーなのです。

もともとマニューリンは1951年にワルサーPPやPPKをライセンス生産するメーカーとして出発しました。ですから、ワルサーPPやPPKにはマニューリン製のものもかなり混じっています。ワルサーPPやPPKはほかの国でもコピーはされましたが、オリジナルとはちがい、いろいろとアレンジを加えられています。しかし、マニューリンのワルサーPP、PPKはライセンス生産ですから、オリジナルとまったく同じで、識別するには刻印を見なくてはわかりません。
フランスのユニークなメーカー、マニューリン ジャック天野のガンダイジェスト 

特徴

各部品は手間のかかる削り出し加工で製造され、仕上げと精度の高さには定評がある。その分コストも高く、警察用としては機動警察やジャンダルム(国境警備隊)など少数の採用にとどまったが、高い命中精度を買われて射撃競技用のマッチモデル「MR38」なども追加された。また、フランスの対テロ特殊部隊GIGNが採用していることでも有名で、同部隊のシンボル的存在でもある。ある写真には10インチバレルモデルにバイポッドとスコープをつけたMR73が写っている。
 既に登場から30年以上経過した古顔で、シリンダーとフレームとのニッチが非常にタイトに作られている点を見てもレトロなモデル(1970年代に生産されたリボルバーはこうしたたものが多かった)。長寿なところといい、仕上げの良さといい、フランス版のコルト パイソンとでも言えそうな高級リボルバーである。
 マニューリン社は現在、銃器の製造を行っておらず、同国Chapuis Armesが代わって製造している。MR73は低コスト化のため材質が変更されており、その品質からGIGNでは新しい納入を行っていない。
マニューリン MR73 / Manurhin MR73 【回転式拳銃】 MEDIAGUN DATABASE 


画像

469
470

マニューリン MR38マッチ
474
473


動画

 Shooting: Manurhin MR73 in 357 and 9mm - literally the best revolver
  

 MR38 Match
  


関連